好きだけで、終わらせない。だから京都製菓。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

授業

各学科のカリキュラムを時間割例をもとに紹介します!

  • 2年制各学科
  • 製菓技術科(1年制)
  • 製菓技術科夜間(1.5年制)

授業スタイル

多彩な実習でパティシエに必要な技術・知識を基礎から応用まで身につけます。

  • 実際に手にふれることでわかることがある。
    さまざまな食材や実際にプロが使用している製菓設備や器具に何度も何度もふれることによって、専門的な知識・技術の習得を図っていきます。
  • ひとつの実習を一人の講師が最後まで
    実習事業ひとつに対して、一人の講師が実習指導から成績評価までを行う「実習担任制」を実施。
    学生一人ひとりの学習到達度をしっかりと把握し、個別に適切な指導を行っていきます。
  • デッサンも、工程も、自分で考え、つくる
    自分自身で考えたお菓子やパンをデッサンから仕込み・仕上げまで自分一人で完成させます。
    お菓子づくり、パンづくりの楽しさを体感するとともに、これまで学習してきた技術を応用する力を養います。
  • 商品製造から販売まで実際の店舗運営を体験
    学内の販売演習を通して、専門店・ホテル・カフェなどにおける製菓・製パン・ドリンクの製造や販売、対面サービスにいたるまで、実際の店舗運営に必要な実践的な応用力を身につけます。
  • ひと工程ずつ先生のお手本を見て実践
    講師のデモンストレーションと学生の実習を同時に行うことで、生地のまぜ具合や粉を入れるタイミングなど、一つひとつの工程を確実に理解し、見落としがちな技もしっかりと習得していきます。
  • 目標の技術が身についているかチェック
    製菓・製パン業界で活躍する上で必要な技術が身についているが、時間内につくることができるかなど、成果を定期的にチェック。一定の技術レベルに達しているか確認をしていきます。
  • 学校で学んだ専門的な知識と技術を、実際のプロの現場で試す就業体験プログラムのこと。現場での業務を通して、仕事に対するやりがいや、業界で活躍するために必要な知識や技術も学びます。また、インターンシップ先がそのまま就職先になるケースもあります。
  • 栄養や衛生、製菓理論などお菓子づくりに必要な専門知識を、基礎からしっかり学びます。講義で学ぶ科目は、全て製菓衛生師の国家試験の出題範囲。授業では、国家試験に向けた対策講座や模擬試験を実施し、合格へのサポートを行います。

<2年制 全学科必須>

  • フレンチ・イタリアンの多彩なメニューに挑戦!
    フレンチ・イタリアンベースの洋惣菜のつくり方を本格的に学び、食材の特徴に応じた、下処理や調理方法を習得します。
  • 可愛く、キレイに、プロのラッピングをマスター!
    ラッピングは、商品を演出し、購買意欲を高めるために欠かせないものです。特にお菓子は、誰かの贈り物に利用することが多く、絶対的に必要とされる分野です。
  • おもてなしの心と技を磨いて、1つ上の接客を!
    ヴァンドゥーズとは、フランス語で「販売員」を意味し、「商品を売ることを通じてお客様にサービスを提供する」ことを仕事とします。
  • オリジナルのお菓子を自分たちで考え、
    実際に販売!!
     数班に分かれ、オリジナルの創作菓子を考案し、現場と同じように何度も試食を作成。均一な味がつくれるようになったら、各班一斉に学内販売を行います。