閉じる

1年制 製菓技術科
カリキュラム
Curriculum

洋菓子・パン・和菓子のプロになるための、
濃密な1年間。

さまざまな領域の製菓を学ぶことで、幅広い基礎技術と知識を身につけながら、応用力も育みます。
後半は、自分に合ったコースに進み、
より専門的な技術と知識を習得。1年間でプロとしての下地を整えます。

製菓技術科(1年制)

1週間の時間割(例)

製菓実習(420時間)

基本から応用・専門技術まで、多彩な様式の製菓を実習します。自分なりのテーマで製作する創作菓子ワークショップや実際の事業所の形態を学ぶ菓子店模擬演習、そして卒業後の進路にあわせて「パティスリーコース」「パンコース」「和菓子コース」の3つのコースに分かれてより実践的な製菓技術を身に付けます。

インターンシップ(80時間)

夏期の2週間を利用して、プロの現場での業務を通して、これまでの学習成果を試すとともに、 仕事に対するやりがいや、業界で活躍するために必要な知識や技術も学びます。

製菓理論(150時間)

お菓子づくりは原材料の性質をよう知ることから始まります。製菓用の器具や機械の性質を熟知することも大切。製菓の理論を学び、実習に役立てます。

キャリアプランニング(30時間)

就職活動に欠かせないマナーや礼儀、履歴書の書き方、面接のポイントまで就職内定に向けたノウハウを学びます。

衛星法規(30時間)

法の概念や体系、製菓衛生師法、食品衛生法、保健関係法令などの衛生関連法規を学習。また、菓子店の営業などの業務に必要な知識全般も習得します。

食品衛生学(150時間)

製菓衛生師として、すべての人に安全な商品を提供しなければいけません。食中毒や食品添加物、衛生管理などについて学びます。

公衆衛生学(90時間)

疾病予防や人と環境が抱える諸問題にふれて、健康とは何かを考えます。新しい知識と情報を交えた、やさしい公衆衛生学です。

食品学(60時間)

多種多様な食品の出回る時代、食品に関する正しい知識が必要です。製菓材料を中心に食材の成分や特性、安全性などを学習し、お菓子づくりに役立てます。

社会学(60時間)

お菓子の歴史や菓子店を経営するためのポイントについて学びます。製菓・製パン業界の現状や将来の方向など最新の情報も紹介します。

国家試験対策(30時間)

製菓衛生師国家試験の受験に向けて、各学科の出題傾向を把握し、重要ポイントの復習や実際の国家試験問題の解答など卒業後の合格に向けた試験対策を行います。

栄養学(60時間)

適切な食事内容と正しい食事のとり方は、健康維持への大切なポイント。ここでは、健康を保持・増進させる栄養についての基礎知識を学びます。

自主トレーニング

授業のない土曜日や平日の放課後に製菓・製パン技術を高めるための自主トレーニング日を設けています。指導の先生もついているので、わからないこともすぐに質問できます。