好きだけで、終わらせない。だから京都製菓。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

2年制学科カリキュラム・1年次

グラフ

洋菓子・製パン・和菓子の基礎を固め、自分に合った分野を見極める。

本校ではオリジナルで開発したテキストを中心に活用し、大型プロジェクターや最新のAV機器を用いて、ビジュアル的にわかりやすく楽しい授業を展開しています。1年次には衛生や栄養など、厚生労働省準拠科目を中心に学習し、製菓衛生師として活躍するためのベースとなる知識を学び、プロ意識を醸成します。
また、1年次終了後に受験する製菓衛生師国家資格合格を見据えた授業展開と学期末試験で、国家試験合格を確実なものにします。

2年制学科 1年次 1週間の時間割例 (科目名をクリックで詳細へ)
mon tue wed thu fri sat
1 9:00~
10:30
製菓実習 製菓実習   食品学 社会学 自主トレーニング
2 10:40~
12:10
製菓実習 製菓実習 製菓理論 公衆衛生学 食品衛生学
3 13:10~
14:40
製菓理論 食品衛生学 製菓実習 栄養学 製菓実習
4 14:50~
16:20
    製菓実習 製菓理論 製菓実習
基本・専門学科別製菓実習(420時間)
イメージ 現場で必要とされる洋菓子・製パン・和菓子の基礎技術を反復練習で習得し、製菓・製パンに関する知識と技術を身につけます。9月からは学科別の専門実習がスタートし、「パティスリー・ショコラ上級科」「カフェスイーツ上級科」「パン上級科」「和菓子上級科」の4つから学科を選択し、選択分野の専門知識と技術をいち早く身につけることができます。
製菓理論(150時間)
お菓子づくりは原材料の性質をよう知ることから始まります。製菓用の器具や機械の性質を熟知することも大切。
製菓の理論を学び、実習に役立てます。
[洋菓子理論]
主な製菓材料の性質や正しい取り扱い方を知り、洋菓子作りの基本技術となる生地・クリームの製法を科学的に理解して、洋菓子製造工程における技術と理論の両面を学びます。
[和菓子理論]
和菓子の分類について理解し、製餡の種類と製法の違いを素材と使用方法別に学びます。生菓子・半生菓子・干菓子について蒸し物、焼き物、流し物、練り物、岡仕上げ物、もみ砂糖類、落雁類、有平糖に分類して段階的に製法を学習します。
[製パン理論]
製パンの分類と素材の特性を学び、パン生地の各工程であるミキシング・一次発酵・分割・丸め・成形最終発酵・焼成を段階的に学習します。製パン技法では直捏法・中種法・その他の製法の特長を覚え、製パンにおける技能を高める科学的な知識を学習します。
キャリアプランニングⅠ(20時間)
イメージ 業界動向や事業所の現状を把握し、製菓・製パン分野の理解を深めます。また、社会で必要なマナーや礼儀も学び、2年次初めのインターンシップに備えます。
公衆衛生学(90時間)
疾病予防や人と環境が抱える諸問題にふれて、健康とは何かを考えます。新しい知識と情報を交えた、やさしい公衆衛生学です。
食品衛生学(150時間)
製菓衛生師として、すべての人に安全な商品を提供しなければいけません。食中毒や食品添加物、衛生管理などについて学びます。
食品学(60時間)
多種多様な食品の出回る時代、食品に関する正しい知識が必要です。製菓材料を中心に食材の成分や特性、安全性などを学習し、お菓子づくりに役立てます。
社会学(60時間)
お菓子の歴史や菓子店を経営するためのポイントについて学びます。製菓・製パン業界の現状や将来の方向など最新の情報も紹介します。
衛生法規(30時間)
法の概念や体系、製菓衛生師法、食品衛生法、保健関係法令などの衛生関連法規を学習。また、菓子店の営業などの業務に必要な知識全般も習得します。
栄養学(60時間)
適切な食事内容と正しい食事のとり方は、健康維持への大切なポイント。ここでは、健康を保持・増進させる栄養についての基礎知識を学びます。
  • 2年制各学科
  • 製菓技術科(1年制)
  • 製菓技術科夜間(1.5年制)