好きだけで、終わらせない。だから京都製菓。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

みんなを笑顔にするスイーツのつくり手。パティシエになるには

パティシエのやりがい

パティシエのやりがい
  • 人の大切な瞬間によりそえる

    誕生日、結婚式、クリスマス、人生の大切な瞬間にはいつも甘いケーキや様々なお菓子が私たちのそばにあったはず。パティシエは洋菓子のプロフェッショナルとして、人々のそんな大切な瞬間をスイーツで彩ることのできる仕事であり、それがパティシエという仕事の一番のやりがいかもしれません。

  • 子どもたちの憧れの存在になれる

    子どもたちの憧れの職業としてあげられることの多い「お菓子屋さん」。つまりそれだけお菓子の仕事には夢があるということ。もちろん苦労もある仕事ですが、自分自身の手でつくったお菓子が人々に夢を与えることのできる仕事でもあります。

パティシエにインタビュー

勝間 健次さん

勝間 健次さん

京都製菓技術専門学校 1997年卒業

2010年 ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ優勝。2012年 故郷の滋賀にパティスリー フラスコを開業。

パティシエとして働く想い

自分の店でケーキをつくるときは、味はもちろんですが、見た目も非常に大切にしています。ショーケースに並べたときの彩りが美しくなるよう、全体のバランスまで考えながらつくっているんです。

パティシエをめざす君へ

今、あなたが高校生なら、まず高校のことをきちんとしてください。専門学校に入学したら学校のことを、働き始めたら職場での仕事を、きちんとできる人になってください。一つひとつ目の前の目標をクリアしていくうちに、未来が開けてくると思います。

パティシエの仕事内容

パティシエってどんなお仕事?

パティスリーなどのいわゆる「専門店」ではお菓子の製造、販売を主に行いますが、カフェなどイートインスペースのあるお店では接客までを広く行います。
ホテルやブライダルなど製造をメインとしている事業所では、製造の工程(仕込み、焼成、仕上げなど)や商品ごとに担当が分かれている場合もあります。珍しいところでは商品の「企画開発」や、学校やクッキングスクールで「先生」として働く場合もあり、パティシエの活躍するフィールドは実はいろいろなところにあるんです。

パティシエの働くフィールド

洋菓子専門店
有名シェフの元や一流店で働く
洋菓子専門店
  • フランス菓子店
  • ドイツ菓子店
  • チョコレート店
  • アイスクリーム店
ホテル
お客様は日本中、世界中から
ホテル
  • 製菓(ペストリー)部門
  • カフェ部門
  • レストラン部門
  • ブライダル部門
ブライダル
記憶に残るウエディングをつくる
ブライダル
  • ハウスウェディング
  • ゲストハウス
  • ブライダルレストラン
カフェ・カフェレストラン
つくるのは美味しい味と時間
カフェ・カフェレストラン
  • フレンチカフェ
  • スイーツカフェ
  • コーヒーショップ
  • カフェレストラン

パティシエになるには?

パティシエになりたいけどどうやったらなれるの?ここでは製菓衛生師(国家資格)を取得してパティシエになるまでの2つの方法のご紹介をします!

  • 学校に行ってパティシエになるには

    専門学校・短大・大学などに入学する場合

    パティシエの業界で最も有名な資格と言えば「製菓衛生師」。この「製菓衛生師」を取得することでパティシエとして働く上で様々なメリットがあります。全国の都道府県知事が指定する、「製菓衛生師養成施設」と呼ばれる専門学校・短大・大学などで学ぶことで、「製菓衛生師」の受験資格を取得することが可能です。製菓衛生師養成施設の卒業後、または在学時に「製菓衛生師」の国家試験を受験し、合格することで資格を取得することができます。

    学校で学ぶ内容

    学校では、お菓子のつくり方である製菓実習だけでなく、安全にお菓子をつくるための衛生に関する知識や、お菓子の文化などを学びます。学校によっては自分たちの手でショップの運営などを行い、いわゆる即戦力として活躍するための技術と知識を身につけます。

    学校で学ぶ期間

    学校で学ぶ期間は、大学、短大、専門学校など、学校の種類によって変わりますが最短1年で卒業し、製菓衛生師の受験資格を得ることが可能です。

    学校での製菓衛生師試験の受験対策

    学校では国家試験対策講座など、製菓衛生師試験の対策授業を受けられるところもあります。また学校の先生に質問したり、模擬試験に取り組むことでしっかりと国家試験に合格するサポートを受けられるところもあります。

    学校での製菓衛生師試験の合格率

    京都製菓技術専門学校の場合、2016年度卒業生の製菓衛生師試験合格率は98.5%。学校での試験対策と合格サポートによる全国トップクラスの合格率が京都製菓の自慢です。

    学校で学び製菓衛生師を取得するメリット

    未経験でもゼロから全て教えてもらえる
    洋菓子以外にも和菓子やパンなど製菓全般を基礎から応用まで学べる
    お菓子の実習だけでなく製菓理論などの座学も学べる
    就職、転職は一生サポートしてもらえる
    ※京都製菓の場合

    学校で学び製菓衛生師を取得するデメリット

    学費が必要
    進学する際一人暮らしになることもある

  • 独学でパティシエになるには

    製菓の現場で働く場合

    製菓の現場で働きながらパティシエ、製菓衛生師の取得を目指す場合、まずは製菓の製造の仕事ができるお店を探すところから始まります。求人情報誌やハローワークなどで製菓分野の求人を探し、製菓衛生師の取得が目指せる職場への就職活動を行うことになります。

    製菓の現場での仕事内容

    パティスリーやカフェ、工場など、お菓子の現場での仕事内容はお店によって大きく異なります。例えば最初に販売や接客など、菓子製造以外の業務を任されることもあります。

    必要な実務経験

    独学で製菓衛生師国家試験の受験資格を得るためには、菓子製造業の営業許可を受けている施設で菓子製造の仕事に2年以上従事しているという実務経験が必要です。ただし、例えば営業許可を受けていない施設で菓子の製造を行っていた期間や、製菓のお店で働いていても販売や接客など製造以外の業務を担当していた期間は実務経験に含まれないので注意が必要です。

    独学での製菓衛生師試験の受験対策

    独学で製菓衛生師試験の受験対策を行う場合、例えば資格対策の書籍などで勉強しながら受験勉強を行うことになります。仕事が終わってから受験勉強をすることになるので、体力的にも精神的にも辛い場合もあります。

    独学での製菓衛生師試験の合格率

    2016年度に行われた関西広域連合での製菓衛生師試験の合格率は82.1%でした。試験では「衛生法規」「公衆衛生学」「食品学」「食品衛生学」「栄養学」「製菓理論及び実技」の6科目から広く出題され、全科目の合計点が6割以上かつ、0点の科目が無いことが合格の条件でした。

    独学で製菓衛生師を取得し、パティシエになるメリット

    自分でお金を稼ぐことができる
    いち早く現場に出て経験を積むことができる

    独学で製菓衛生師を取得、パティシエになるデメリット

    就職先で扱っている分野しか学ぶことができない
    転職先などは全て自分で探さなければいけない
    ※一例です

パティシエが持っている資格

  • 製菓衛生師(国家資格)

    製菓業界では最も有名な国家資格。栄養・衛生の知識を持ち、食で最も大切な「安全にお菓子」をつくる能力を証明する資格です。

  • 菓子製造技能士 2級・1級(国家資格)

    洋菓子部門と和菓子部門があり実務経験と技術両方が求められます。勤務先では資格手当がつくことも。

  • 商業ラッピング 3級

    お菓子などの贈り物を包装紙やリボン・シールなどで美しくラッピングする技術を評価する資格です。

  • 食生活アドバイザー

    広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる食生活のスペシャリストです。