おおさかにゅうこくかんりきょくより 2013ねんどの「てきせいこう」ににんていされました。

2年制各学科(にねんせいかくがっか) Kyoto Patisserie Art College

京都 ( きょうと ) から 世界 ( せかい ) へ。2 年間 ( ねんかん ) でじっくり。

年制各学科 ( ねんせいかくがっか ) の5つの 特色 ( とくしょく )

1. 製菓業界 ( せいかぎょうかい ) 最前線 ( さいぜんせん ) へ。 ( ゆめ ) 目標 ( もくひょう ) にあわせた4つの 学科 ( がっか )

和菓子上級科 ( わがしじょうきゅうか ) パティスリー・ショコラ 上級科 ( じょうきゅうか ) カフェスイーツ 上級科 ( じょうきゅうか ) パン 上級科 ( じょうきゅうか ) の4つの 学科 ( がっか ) 開設 ( かいせつ )
年次 ( ねんじ ) から 目指 ( めざ ) 職種 ( しょくしゅ ) 意識 ( いしき ) して 目標 ( もくひょう ) ( ) わせて 高度 ( こうど ) 専門的 ( せんもんてき ) 製菓技術 ( せいかぎじゅつ ) をマスターします。

2.100 人分 ( にんぶん ) ( つく ) ったり、ひとりで1 台作 ( だいつく ) れたり

同時 ( どうじ ) に100 人分 ( にんぶん ) のケーキを ( つく ) る「 菓子店模擬演習 ( かしてんもじぎえんしゅう ) 」をはじめ、すべての 工程 ( こうてい ) をひとりで ( おこな ) う「ワンセルフ 実習 ( じっしゅう ) 」など、 自然 ( しぜん ) 技術 ( ぎじゅつ ) 応用力 ( おうようりょく ) ( ) につく 多彩 ( たさい ) 実習授業 ( じっしゅうじゅぎょう ) 展開 ( てんかい ) します。

3. 将来 ( しょうらい ) のシェフ・パティシエ、オーナーパティシエへ

シェフ・パティシエやオーナーパティシエに ( もと ) められるリーダーシップとケーキショップ 開業 ( かいぎょう ) 必要 ( ひつよう ) 経営 ( けいえい ) 基本 ( きほん ) や、 店舗 ( てんぽ ) デザインを ( まな ) びます。また、 実習授業 ( じっしゅうじゅぎょう) でラッピングやカフェのドリンクメニュー、フレンチ・イタリアンベースのカフェフードなども 習得 ( しゅうとく ) します。

4. 信頼 ( しんらい ) ( あかし ) 製菓衛生師国家試験 ( せいかえいせいしこっかしけん ) 100% 合格 ( ごうかく ) 目指 ( めざ )

1 年次 ( ねんじ ) 製菓衛生師免許関連科目 ( せいかえいせいしめんきょかんれんかもく ) をすべて 履修 ( りしゅう ) できるカリキュラムだから、2 年次在学中 ( ねんじざいがくちゅう ) 国家試験 ( こっかしけん ) 受験 ( じゅけん ) 可能 ( かのう ) 。クラス 担任 ( たんにん ) のOne to Oneの 指導 ( しどう ) により、 合格 ( ごうかく ) へと 確実 ( かくじつ ) ( みちび ) きます。

5. 全国 ( ぜんこく ) 一流製菓店(いちりゅうせいかてん) 有名 ( ゆうめい ) ホテルが 研修先 ( けんしゅうさき )

全国屈指 ( ぜんこくくっし ) のパティスリーやホテル、 老舗京菓子店 ( しにせきょうがしてん ) 現場 ( げんば ) 実務 ( じつむ ) 経験 ( けいけん ) できるインターンシップを ( つう ) じて、 技術 ( ぎじゅつ ) 総仕上 ( そうしあ ) げと 確実 ( かくじつ ) 実践力 ( じっせんりょく ) ( やしな ) います。

2 年制各学科 ( ねんせいかくがっか )   1週間 ( しゅうかん ) 時間割例 ( じかんわりれい )

<1 年次 ( ねんじ )
  ( げつ ) ( ) ( すい ) ( もく ) ( きん ) ( )
( げん ) 公衆衛生学 ( こうしゅうえいせいがく ) 衛生法規 ( えいせいほうき ) 製菓実習 ( せいかじっしゅう ) 製菓実習 ( せいかじっしゅう ) キャリア
プランニングⅠ


自主 ( じしゅ ) トレーニング
( げん ) 製菓理論 ( せいかりろん ) 食品衛生学 ( しょくひんえいせいがく ) 製菓理論 ( せいかりろん )
( げん ) 製菓実習 ( せいかじっしゅう ) 製菓実習 ( せいかじっしゅう ) 社会学 ( しゃかいがく ) 食品衛生学 ( しょくひんえいせいがく ) 公衆衛生学 ( こうしゅうえいせいがく )
( げん ) 食品学 ( しょくひんがく ) 栄養学 ( えいようがく )  
<2 年次 ( ねんじ )   前期 ( ぜんき )
  ( げつ ) ( ) ( すい ) ( もく ) ( きん ) ( )
( げん ) 学科別実習 ( がっかべつじっしゅう )     ヴァンドゥーズ 演習 ( えんしゅう ) デリカ 実習 ( じっしゅう )


自主 ( じしゅ )
トレーニング
( げん ) コストコントロール 国家試験 ( こっかしけん )
対策授業 ( たいさくじゅぎょう )
上級製菓理論 ( じょうきゅうせいかりろん )
( げん ) 製菓材料学 ( せいかざいりょうがく ) ホスピタリティ
セミナー
学科別実習 ( がっかべつじっしゅう ) 学科別実習 ( がっかべつじっしゅう ) 国家試験対策授業 ( こっかしけんたいさくじゅぎょう )
( げん ) 国家試験対策授業 ( こっかしけんたいさくじゅぎょう ) キャリアプランニングⅡ  
<2 年次 ( ねんじ )   後期 ( こうき )
  ( げつ ) ( ) ( すい ) ( もく ) ( きん ) ( )
( げん )   学科別実習(がっかべつじっしゅう) ラッピング演習(えんしゅう) 菓子店設計演習(かしてんせっけいえんしゅう)  


自主 ( じしゅ )
トレーニング
( げん ) フランス製菓用語(せいかようご) パソコン演習(えんしゅう) ヴィジュアルコーディネート
( げん ) 学科別実習(がっかべつじっしゅう)   学科別実習 ( がっかべつじっしゅう ) 製菓材料学(せいかざいりょうがく) カジュアルフード&カフェドリンク実習(じっしゅう)
( げん )  

和菓子上級科 ( わがしじょうきゅうか )

この 学科 ( がっか ) では 京菓子 ( きょうがし ) 中心 ( ちゅうしん ) に、 生菓子 ( なまがし ) 干菓子 ( ひがし ) などの 茶席菓子 ( ちゃせきがし ) 儀式典礼 ( ぎしきてんれい ) 有職菓子 ( ゆうしょくがし ) 有平糖 ( ありへいとう ) などの 細工菓子 ( さいくがし ) 技術 ( ぎじゅつ ) 実践的 ( じっせんてき ) 習得 ( しゅうとく ) していきます。 1 年次 ( ねんじ ) 習得 ( しゅうとく ) した 製餡 ( せいあん ) 包餡 ( ほうあん ) などの 基本技術 ( きほんぎじゅつ ) から、 ( ) ( もの ) ( ) ( もの ) ( なが ) ( もの ) 工芸菓子 ( こうげいがし ) まで、 幅広 ( はばひろ ) 技術 ( ぎじゅつ ) ( ) につけます。 また、 老舗京菓子店 ( しにせきょうがしてん ) のご 主人 ( しゅじん ) ( むか ) え、 直接職人 ( ちょくせつしょくにん ) の「ほんまもん」の 技術 ( ぎじゅつ ) ( おそ ) わることができるのも、 京都 ( きょうと ) にある 本校 ( ほんこう ) ならではの 特徴 ( とくちょう ) です。

習得 ( しゅうとく ) できる 技術 ( ぎじゅつ )
  1. 生菓子 ( なまがし ) 半生菓子 ( はんなまがし ) 干菓子 ( ひがし ) などの 高度 ( こうど ) 菓子技術 ( かしぎじゅつ ) ( ) につく。
  2. 京都 ( きょうと ) 四季 ( しき ) 表現 ( ひょうげん ) した 上生菓子 ( じょうなまがし ) 技術 ( ぎじゅつ ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  3. 季節 ( きせつ ) やテーマに ( もと ) づいた 創作菓子 ( そうさくがし ) 技術 ( ぎじゅつ ) ( ) につく。
  4. 菓子店 ( かしてん ) での 高度 ( こうど ) 大量菓子製造技術 ( たいりょうがしせいぞうぎじゅつ ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  5. 雲平生地 ( うんぺいきじ ) 利用 ( りよう ) した 工芸菓子 ( こうげいがし ) 技法 ( ぎほう ) ( ) につく。
  6. 和菓子 ( わがし ) のテクニックを 応用 ( おうよう ) したオリジナルレシピの 開発力 ( かいはつりょく ) ( ) につく。
実習内容 ( じっしゅうないよう ) ・メニュー ( めい ) 抜粋 ( ばっすい )

もち ( ごめ ) 使 ( つか ) った 和菓子 ( わがし ) 包餡 ( ほうあん ) 方法 ( ほうほう ) 赤飯 ( せきはん ) 、おはぎ、はなびら ( もち ) 栗蒸 ( くりむ ) 羊羹 ( ようかん ) ( ) りきり、 雪餅 ( ゆきもち ) 、カルメラ、カステラ、きんつば、 白玉 ( しらたま ) あんみつ、かりんとうなど

パティスリー・ショコラ 上級科 ( じょうきゅうか )

この 学科 ( がっか ) では、パティシエであれば ( だれ ) もが ( あこが ) れる、 ( はな ) やかなアントルメをはじめ、もっとも 高度 ( こうど ) 技術 ( ぎじゅつ ) 必要 ( ひつよう ) とされるアメやチョコレートなどのコンフィズリ、マカロンなどのプティ・フール、 宴会料理 ( えんかいりょうり ) やコース 料理 ( りょうり ) ( ) めくくりとして ( ) かせないデザートなど、パティシエに 必要 ( ひつよう ) ( すべ ) ての 技術 ( ぎじゅつ ) 反復練習 ( はんぷくれんしゅう ) により 幅広 ( はばひろ ) 習得 ( しゅうとく ) します。 小規模 ( しょうきぼ ) 店舗 ( てんぽ ) から 大規模 ( だいきぼ ) なホテルでの 宴会 ( えんかい ) までを ( ) 仕切 ( しき ) れる 技術力 ( ぎじゅつりょく ) ( ) につけるとともに、コンクールレベルの 工芸菓子 ( こうげいがし ) のテクニックを 習得 ( しゅうとく ) します。

習得 ( しゅうとく ) できる 技術 ( ぎじゅつ )
  1. フランス 菓子 ( がし ) 様々 ( さまざま ) 素材 ( そざい ) 使 ( つか ) った 幅広 ( はばひろ ) 技法 ( ぎほう ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  2. 食材 ( しょくざい ) 器具 ( きぐ ) 名称 ( めいしょう ) 製造法 ( せいぞうほう ) など 専門的 ( せんもんてき ) なフランス ( ) ( ) につく。
  3. チョコレートやアメ 細工 ( ざいく ) などの 工芸菓子 ( こうげいがし ) 高度 ( こうど ) 洋菓子技術 ( ようがしぎじゅつ ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  4. 歴史的背景 ( れきしてきはいけい ) ( ) まえ、 技法 ( ぎほう ) とともに 文化的知識 ( ぶんかてきちしき ) 習得 ( しゅうとく ) する。
  5. 季節 ( きせつ ) のイベントやテーマに 沿 ( ) った 創作菓子 ( そうさくがし ) 創作力 ( そうさくりょく ) ( ) につく。
  6. シミュレーション 形式 ( けいしき ) 実習 ( じっしゅう ) により 大量菓子製造技術 ( たいりょうがしせいぞうぎじゅつ ) ( ) につく。
実習内容 ( じっしゅうないよう ) ・メニュー ( めい ) 抜粋 ( ばっすい ) )】

ガトー・フレーズ、タルト・タタン、N・Yチーズケーキ、 季節 ( きせつ ) のフルーツを 使 ( つか ) ったシブースト、 ( あか ) ワイン 風味 ( ふうみ ) 無花果 ( いちじく ) のタルト、ジュレ・ド・シャンパーニュ、タルトレット・バリエなど

カフェスイーツ 上級科 ( じょうきゅうか )

この 学科 ( がっか ) では、ホテルやレストラン、カフェで 提供 ( ていきょう ) されるデザートを 中心 ( ちゅうしん ) に、 定番 ( ていばん ) からトレンドまで 多種多様 ( たしゅたよう ) なデザート 菓子 ( がし ) のテクニックを 習得 ( しゅうとく ) します。 現場 ( げんば ) ( ) ( ) くした 講師陣 ( こうしじん ) により、デザート 菓子 ( がし ) ( もと ) められる ( ) ( ) ( うつく ) しく、 一皿 ( ひとさら ) 感動 ( かんどう ) ( あた ) えられるデザイン ( ちから ) ( きた ) えていきます。また、 多様 ( たよう ) 製菓素材 ( せいかそざい ) 特徴 ( とくちょう ) 性質 ( せいしつ ) ( ふか ) ( まな ) ぶことにより、 成功 ( せいこう ) するカフェに ( ) かせないオリジナルレシピの 開発力 ( かいはつりょく ) ( ) につけます。その ( ほか ) カフェドリンクについても 定番 ( ていばん ) メニューを 習得 ( しゅうとく ) します。

習得 ( しゅうとく ) できる 技術 ( ぎじゅつ )
  1. 基本 ( きほん ) となる 生地 ( きじ ) とクリームの 基礎技術 ( きそぎじゅつ ) ( もと ) に、 和素材 ( わそざい ) 洋素材 ( ようそざい ) 使用 ( しよう ) した 生地 ( きじ ) ( ) ( ) わせを 習得 ( しゅうとく ) できる。
  2. 温製 ( おんせい ) スフレ、ブラン・マンジェ、ティラミスなど、ヨーロッパの 代表的 ( だいひょうてき ) 温製 ( おんせい ) 冷製 ( れいせい ) のデザートを 習得 ( しゅうとく ) できる。
  3. レストランやカフェ ( みせ ) 定番 ( ていばん ) 最新 ( さいしん ) のデザート 菓子 ( かし ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  4. コーヒー・ 紅茶 ( こうちゃ ) ・エスプレッソ・スムージーなどのドリンクメニューを 習得 ( しゅうとく ) できる。
  5. 季節 ( きせつ ) のイベントやテーマに 沿 ( ) った 創作菓子 ( そうさくがし ) 創作力 ( そうぞうりょく ) ( ) につく。
  6. 製菓素材 ( せいかそざい ) 特徴 ( とくちょう ) 特質 ( とくしつ ) ( まな ) び、 多様 ( たよう ) 素材 ( そざい ) ( ) ( ) わせるレシピ 開発力 ( かいはつりょく ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
実習内容 ( じっしゅうないよう ) ・メニュー ( めい ) 抜粋 ( ばっすい ) )】

スコーン、クレームダンジュ、スフレフロマージュ、マカロン、フォンダンショコラ、ブランマンジェ、フルーツコンポート、
クレープシュゼット、グラス・ソルベ、ピーチメルバ、パルフェなど

パン 上級科 ( じょうきゅうか )

この 学科 ( がっか ) では 職人 ( しょくにん ) レベルの 高度 ( こうど ) ( せい ) パン 技術 ( ぎじゅつ ) を、 現場 ( げんば ) 想定 ( そうてい ) した 実習形式 ( じっしゅうけいしき ) ( まな ) びます。 1 年次 ( ねんじ ) ( まな ) んだミキシング→ 発酵 ( はっこう ) 成形 ( せいけい ) 焼成 ( しょうせい ) といった ( せい ) パン 技術 ( ぎじゅつ ) 反復練習 ( はんぷくれんしゅう ) するとともに、 様々 ( さまざま ) 種類 ( しゅるい ) のパンを 多様 ( たよう ) ( せい ) パン 素材 ( そざい ) 実習 ( じっしゅう ) し、 幅広 ( はばひろ ) いバリエーションを ( ) につけていきます。 また、 既存 ( きぞん ) のレシピに ( もと ) づいた 製造 ( せいぞう ) ができるだけでなく、 酵母 ( こうぼ ) ( せい ) パン 材料 ( ざいりょう ) についても ( ふか ) ( まな ) び、オリジナルレシピの 開発力 ( かいはつりょく ) ( ) につけていきます。

習得 ( しゅうとく ) できる 技術 ( ぎじゅつ )
  1. ドイツ・フランス・イタリアなど 欧州 ( おうしゅう ) 伝統的 ( でんとうてき ) ( せい ) パン 技術 ( ぎじゅつ ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  2. 天然酵母等 ( てんねんこうぼとう ) 使用 ( しよう ) したパンの 製法 ( せいほう ) 習得 ( しゅうとく ) できる。
  3. 生地 ( きじ ) 冷蔵 ( れいぞう ) 冷凍保存 ( れいとうほぞん ) 知識 ( ちしき ) 、フリージングテクニックが 習得 ( しゅうとく ) できる。
  4. 工芸 ( こうげい ) パンの 技術 ( ぎじゅつ ) ( ) につく。
  5. ベーカリーでの 高度 ( こうど ) なパンの 製造技術 ( せいぞうぎじゅつ ) ( ) につく。
  6. シミュレーション 実習 ( じっしゅう ) 多品種 ( たいひんしゅ ) 大量製造 ( たいりょうせいぞう ) 工程 ( こうてい ) ( まな ) び、 即戦力 ( そくせんりょく ) ( ) につく。
実習内容 ( じっしゅうないよう ) ・メニュー ( めい ) 抜粋 ( ばっすい ) )】

パントラディショネル、カイザーゼンメル、クイニーアマン、オニオンチーズブレッド、パンオレザン、
パンオショコラ、クロワッサン、ホワイトパンブレッド、レーズンブレッド、くるみブレッドなど

  • 留学生奨学金制度
  • パンフレット請求
  • 体験入学・オープンキャンパス
  • 日本語版Webサイト