学科紹介

京都製菓技術専門学校は、昼間部2年制に 「パティスリー・ショコラ上級科」、「カフェスイーツ上級科」、 「パン上級科」、「和菓子上級科」の4学科、昼間部1年制に「パティスリーコース」、「パンコース」、 「和菓子コース」の合計3コース、夜間部1.5年制に「パティスリーコース」、「パンコース」、 「和菓子コース」の3コース。合計4学科6コースで編成されています。
また、それぞれの学科で選択別コース実習を実施しており、2年制学科では2年次から1年間、1年制学科及び1.5年制学科(夜間部)は、1年次の後半から以下のコースに分かれてより専門的な技術習得を目指します。

2 年制 1 年制 1.5 年制
 【 製菓技術科 】  【 製菓技術科夜間部 】
実習風景 実習風景 実習風景
概要
将来シェフやオーナーになれる人材を育成する2年制の学科。 1年次前半はあらゆる製菓・製パン分野の基礎をしっかりと学びます。
1年次後半からは希望するコースに分かれて、高度な製菓技術をマスターするとともに、 現場のトップに立つ人材に不可欠なマネジメント能力やコミュニケーション能力も養います。
また、在学中での製菓衛生師の資格取得を目指します。
概要
製菓衛生師として活躍するために必要な幅広い製菓・製パンの技術と知識を1年で学ぶ学科。
本校が長年培った実績とノウハウをもとにカリキュラムを編成し、一流の講師陣による指導で 確かな技術と知識を効率よく身につけていきます。
後期からは希望するコースに分かれて、身につけたい専門の技術をさらに磨きます。
概要
製菓衛生師として活躍するために必要な幅広い製菓・製パンの技術と知識を1.5年で学ぶ夜間の学科。
授業開始が18時15分のため昼間は働きながら、また他の学校に通いながら、通学する学生が在籍する学科です。
さらに詳しい教育内容はこちらをご覧下さい。 ページトップへ