好きだけで、終わらせない。だから京都製菓。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

施設・設備

施設・設備イメージ

プロと同じ最新の設備機器で実習するから、卒業後はどんな現場にも対応できる。

施設・設備京都製菓技術専門学校の最新の実習場

2F 製パン実習室パン工房 「ZuiSho」

製パン実習室パン工房 「ZUISHO」

パンづくりを重視したプロ仕様の製パン実習室。最新式のカメラやモニターで、デモンストレーションが見やすくなっただけでなく、LED照明を採用し環境にも配慮し、全天井排気システムを採用。快適な実習が行われます。

パン工房 「ZUISHO」イメージ
  • プティバッケンプティバッケン

    学生一人ひとりがオーブンの管理から生地焼成までしっかり身につくように、各実習台にはプティバッケン(オーブン)も設置。

  • ドウコンディショナー ドウコンディショナー 生地を冷凍・解凍・発酵までコンピュータが判断し、仕上げてくれる機械。
  • パイローラーパイローラー 大量のパイ生地を一度に、より薄く、均一の厚さで伸ばすことができる。

3F 和菓子実習室 和菓子工房 「NAGOMI」

和菓子実習室 和菓子工房 「NAGOMI」

和菓子づくりを重視したプロ仕様の和菓子実習室。3台のフルハイビジョンカメラで、デモンストレーションが前からだけでなく、作り手側の目線からもモニターで確認できます。

  • 冷蔵庫 冷蔵庫 各実習台下には冷蔵庫を設置し、食材の温度管理から冷蔵庫の管理もしっかり身につけます。
  • 蒸し器 蒸し器 饅頭やういろうなどを強い圧力で大量に蒸し上げる。プリンのような洋菓子にも対応可能。
  • あんたき機あんたき機 ガス火で焦げつかないよう、あんをたきあげる和菓子実習用機器。

2Fセミナールーム

セミナールーム

前方には最新の厨房機器を完備した、デモンストレーションが可能な講義室。アメ細工やチョコレート細工など専門性の高いデモンストレーションから、製菓理論や製菓材料論などの講義授業も、デモを交えて行い「目で見て学ぶ」ことで高い学習効果を得ることができます。

  • テレビ
  • カメラ
  • カメラ 最新のフルハイビジョンカメラを搭載し、先生の作業をきれいな映像で見ることができる。

1Fデザート・カフェ演習室「T's」

デザート・カフェ演習室「T's」

校舎に入るとそこは、斬新で開放的なカフェそのものの洗練された空間。この演習室では、カフェ演習や学校販売実習など、実際の現場を想定したシミュレーション実習を行います。学んだ技術を就職後に活かせる、即戦力となる力を身につけることができます。

デザート・カフェ演習室「T's」
  • パニーニグリラーパニーニグリラー 外はサクッと中はふわっとしたパニーニが焼ける専用のグリラー。お菓子だけでなく、軽食もカフェでは提供します。
  • エスプレッソマシーンエスプレッソマシーン 高圧で豆を一気に抽出するエスプレッソ専用機器。カフェインがあまりでないため、コーヒーが飲めない人もOK。使い方もしっかりマスターできます。
  • ショーケースショーケース 高級パティスリー・ブティックで使用されているショーケースを導入し、ジュエリーショップのように上からお菓子が見えるように作られています。

京都調理師専門学校内Pastry Labo(ペストリー・ラボ)

Pastry Labo(ペストリー・ラボ)

機能性を重視した学びやすい導線に加え、最新の製菓・製パン機器を完備。また、クロワッサンなどの専門的な技術を学ぶ【パイルーム】の設置をはじめ、専門学校では例を見ない実習場です。

Pastry Labo(ペストリー・ラボ)

京都調理師専門学校内キッチンラボ

キッチンラボ

2011年4月に製菓専用の実習室にリニューアル。AV機器はもちろん、全テーブルに IHクッキングヒーターを導入し、近年増加しているオール電化のホテルなどの現場にも対応できる技術を学びます。

キッチンラボ

施設・設備キャンパスライフ

学生ラウンジ


休憩や、おいしいお菓子のお店や将来の話を友達とおしゃべりしたり、授業や実習の情報交換が出来る学生たちのいこいの場です。

就職支援室(taiwa ANNEX)


就職支援のために、企業資料や専門書籍、入社試験対策の各種参考書のほか、パソコンをそろえた学生スペースです。各種資料やインターネットを自由に閲覧できるだけでなく、進路のあらゆる相談にお応えするアドバイザーが常駐しています。