好きだけで、終わらせない。だから京都製菓。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

製菓校What'sNew

製菓校のとれたて最新情報をお届けしますっ

製菓技術科の洋菓子実習で「シャルロット・オ・ポワール(charlotte aux poires)」を作りました!

「シャルロット・オ・ポワール」 とはフランス菓子の一種。「ポワール」は「梨」という意味。「シャルロット」は語源が女性の名前だったり、カスタードの古い言葉だったり、帽子の名前だったりと諸説あります。今回はどのような流れで帽子のようなお菓子ができあがるのか注目してください!

IMG_4912

IMG_4913

まずは側面と天井の部分の生地づくり!この生地を「絞る」技術も学校で学びます。

IMG_4902クリームの泡立て!業務用のミキサーを使うこともありますが、手を使うことも大切!

IMG_4917 IMG_4918

そして完成するとこう!予想以上の大きさ!そしてこのぎっしり詰まった梨!

ちなみにこのお菓子、使う素材や作り方などによって名前が変わります。ラズベリーを使えば「シャルロット・オ・フランボワーズ」、アフリカ風なら「シャルロット・アフリケーヌ」と名前が変わるんだそうな。ということは日本風のシャルロットは「シャルロット・ジャポネ」になるのかしら…?