京都製菓製パン技術専門学校
京都製菓製パン技術専門学校

じつは明確に違う4つのアイスの種類とは


暑い夏には欠かせないお菓子のアイス。

真冬でガンガンに暖房を効かせた中で食べるのが好き、という人も多いでしょう。

そんな私たちを楽しませてくれる美味しいアイスですが、じつは種類がはっきりとわかれていることはご存知でしょうか。

この記事では、冷たいお菓子の代表であるアイスの種類について解説します。

アイスには4つの種類がある

ふだん何気なく食べているアイスですが、じつは4つの種類にわかれています。

種類 乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム類 ①アイスクリーム 15%以上 8%以上
②アイスミルク 10%以上 3%以上
③ラクトアイス 3%以上
一般食品 ④氷菓 上記以外

こんな種類と基準があったのです。

こうやって見てみると、乳製品を使ったものはアイスクリーム類、それ以外を氷菓として、大きく分類できることがわかりますね。

またアイスクリーム類の中でも、乳脂肪分によって細かく分類されています。

「乳脂肪分の量が違うだけでそんなに違うの?」という声も聞こえてきそうですが、まろやかさや口当たりがまったく違うのです。

私も乳製品かどうかで、ここまで細かく種類が分けられているなんて、これまで知らなかったのでびっくり。

ここからは各アイスの種類について、細かく見ていきましょう。

 

種類①アイスクリーム

アイスクリームは、乳固形分15%・うち乳脂肪分8%以上と定義されています。

ミルクがたっぷりと使われ、乳脂肪分もふんだんに含まれているため、とてもまろやかで濃厚な味わいなのが特徴です。

また乳脂肪分には、独特のコクがあることから、アイスクリームならでは味わいがある、ということですね。

濃厚なアイスが食べたい時には、アイスクリームを選びましょう。

 

種類②アイスミルク

アイスミルクは、乳固形分15%・うち乳脂肪分3%以上と定められています。

一部を植物性の脂肪分が使われることもあるそうです。

乳脂肪分が少ない分、アイスクリームよりもさっぱりした味が特徴的。

「アイスクリームは食べたいけれど、少しだけさっぱりしたものがいいなあ」と感じた時にはアイスミルクがおすすめです。

 

種類③ラクトアイス

ラクトアイスは、乳固形分が3%以上のものと決められています。

そのため植物性の脂質が多く使われていたり、脂質そのものが少ない場合など、アイスミルクよりもさらにさっぱりとした味に。

またアイスクリームよりも安価であることが多く、手軽に冷たいものが食べたい時には向いているかもしれません。

気をつけておきたいのが、乳脂肪分が少ないとはいえカロリーが低いわけではなく、植物性の脂質が使われていたり、糖質が多く含まれていたりと、高カロリーな場合もあります。

 

種類④氷菓

①から③までの、どれにも当てはまらないものを氷菓といいます。

アイスコーナーで販売されている、シャーベットやアイスキャンディーなどが氷菓に当てはまります。

乳固形分はほとんど使われていないか、またはまったく使われていないため、フルーツ系のさっぱりした味のものが多いのが特徴。

脂肪分や糖分が少なめであることが多く、カロリーも低めな傾向があります。

 

その他のアイスの種類

先ほどご紹介した、一般的なアイス類だけではなく、似たようなものにつぎの2つがあります。

  1. ①ソフトクリーム
  2. ②ジェラート

とくにアイスクリームとソフトクリームの違いが、あまりわからないという人は多いのではないでしょうか。

簡単にではありますが、それぞれのお菓子について解説します。

 

番外編①ソフトクリーム

ソフトクリームとアイスクリームは、原材料自体はほとんど同じです。

何が違うのかというと、じつは管理されている温度。

アイスクリームは原料を容器に入れてから、-30度以下の低温で一気に冷却するのに対して、ソフトクリームは-5度から-7度ほどの、比較的高い温度で冷却されています。

ソフトクリームは、この温度で練られて固まらないようにしていることから、独特のやわらかい触感なのです。

 

番外編②ジェラート

ジェラートとは、イタリアで食べられている氷菓です。

原材料も牛乳からフルーツの果汁や果肉まで多種多様。

一般的なアイスクリームと違って、空気含有量が少なく、乳脂肪分も4〜8%と少なく、独特のコクを持つのが特徴です。

暑い時期にはたくさんの場所で食べられている、イタリア人の夏には欠かせないデザートだといえます。