京都製菓製パン技術専門学校
京都製菓製パン技術専門学校

3月14日はホワイトデー!起源・由来・プレゼントをご紹介


バレンタインデーにチョコはもらえましたか?

それなら3月14日に、チョコのお返しをしないといけません。

何を返したらいいのかわからなかったり、どれくらいの予算をかけていいのかわからなかったり…。

お返しやプレゼントに慣れていない男子には、とにかく戸惑ってしまうイベントですよね。

万が一にも喜ばれなかったり、がっかりさせたりしてしまうのは、どうしても避けたいところ。

この記事では、そんなホワイトデーがどんなイベントなのか、なぜ始まったのかなどについて解説します。

ホワイトデーとは

ホワイトデーとは、バレンタインデーにチョコレートやプレンゼントをもらった男性が、女性にお返しをするためのイベントです。

お返しには、マシュマロやキャンディ、チョコレートなどをはじめとするお菓子であることが多いですが、そのほかにもアクセサリーなどをプレゼントすることも。

またバレンタインデーに、周りのお世話になっている人にあげる「義理チョコ」や友だちにあげる「友チョコ」など、新しい文化も生まれているのです。

そのお返しをするホワイトデーのあり方にも変化が起きています。

友チョコをもらった女性が、ホワイトデーにお返しする、なんてこともふつうになってきましたよね。

 

ホワイトデーの起源・由来を巡るいくつかの説

ホワイトデーの由来に、今でも正確な起源はわかっていません。

いくつかの団体が「私たちが広めた」と主張をしており、どの団体も「元祖」を名乗っている状態です。

 

マシュマロの石村萬盛堂が起源?

まず「ホワイトデーには真っ白なマシュマロをあげるもの」というイメージからか、福岡にある石村萬盛堂が発祥という説があります。

ある日社長が「バレンタインデーのお返しにマシュマロでも渡してほしい」という、女性誌の記事を見てひらめき、発案したのだそうです。

マシュマロには「真っ白な気持ちでやさしく包み込む」という意味も込められているそうですよ。

 

全国飴菓子工業協同組合が発案したのが起源?

全国飴菓子工業組合(以下全飴協)のウェブサイトに「ホワイトデー誕生秘話」というコンテンツがあるように、こちらが起源だという説もあります。

“愛する人にチョコレートをプレゼント”のキャッチフレーズで業界に定着したバレンタインデーに対応して、全国飴菓子業協同組合が「ホワイトデー(3月14日)はキャンデーの日」と決定したのが1978(昭和53)年6月のことでした。そして、80年3月には全飴協・関東部会が第1回のホワイトデー“愛にこたえるホワイトデー”を実施し、現在にいたっています。

(出典:全国飴菓子工業協同組合/ホワイトデー誕生秘話)

このような記載があるように、もともとはキャンデーの日として定め、普及のためにホワイトデーとしたのだそうです。

それが1978年6月だったそうなのですが、それ以前から「バレンタインデーのお返しにチョコレートを渡す」という文化自体はあったそう。

ですが全飴協は「我々はキャンデーが得意分野なのだから、チョコレートではなくキャンデーの日にしてみたらどうだろう?」と考えたことが始まりなのだとか。

 

あの不二家が起源!?

バレンタインデーがすっかり定着し、そこに着目した不二家が「リターン・バレンタインデー」としてキャンペーンを始めたことが、起源という説もあるそうです。

リターン・バレンタインデーにプレゼントとするものとして、マシュマロが候補だったのだとか。

もちろんビスケットなど、別のお菓子も宣伝していたそうですが、「ホワイトデー」という名前だけに、やっぱりマシュマロから始まったみたいですね。

 

海外のホワイトデー

かなり昔にはじまり、日本ではまさに国民行事ともいえるほど、浸透しているホワイトデーですが、海外ではいったいどんな状況なのでしょうか。

調べてみると、近隣国では盛り上がりつつあるようですが、それ以外の国ではまったく知られてもいないようです。

ホワイトデーが、欧米発祥だと思っている人はとても多いですが、さきほども起源をご紹介したように日本が発祥。

そのため海外ではまだ馴染みの薄い、またはまったくないイベントなのですね。

 

ホワイトデーは近隣国にも浸透

ホワイトデーは、日本の近隣国で浸透しつつあるようです。

たとえばお隣の韓国では、日本のホワイトデーを参考に、お菓子を盛ったバスケットをプレゼントするのが定番だとされています。

ほかにもアクセサリーやディナーなどをプレゼントすることも一般的なのだそうですよ。

韓国では、日本にもある韓国企業のロッテ社が仕掛け人なのだそうです。

さらに日本文化と関わりの深い台湾でも、ホワイトデーが「白色情人節」と呼ばれ、少しずつ浸透しているそうですよ。

ですが中華圏ではホワイトデー以前に、バレンタインデーがある2月が、旧正月(春節)と重なっています。

春節の行事は、中華圏での年明けにあたり、盛大にお祝いされるため、バレンタインデーを含めてほかの行事はどうしても盛り上がりません。

つまりそのお返しの日であるホワイトデーも同様なのです。

 

ホワイトデーは欧米では知られていない

欧米にはホワイトデーや、それに当たるイベントはありません。

それもそのはず。

日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを送ったり、お世話になっている人に義理チョコを贈るイベントですよね。

ですが欧米では「恋人たちの日」として、恋人同士や夫婦でプレゼントを送り合う日なのです。

またプレゼントするものは、チョコレートだけではなくさまざま。

つまりバレンタインデーに、お互いがプレゼントを送り合うことから、ホワイトデーに当たる行事はありません。

日本のバレンタインデーとホワイトデーは、メイド・イン・ジャパンの特有なイベントなのですね。

 

ホワイトデーには何を贈る?

ホワイトデーの起源や由来はわかりましたが、それよりも男性が気になっているのは「何を贈るべき?」ということなのではないでしょうか。

日本人男性は「プレゼントを贈る」ということ自体に、あまり慣れていない人が多いです。

そのためバレンタインデーにいざチョコレートをもらっても、どうやってお返しするのか、何をお返ししたらいいのか本気で悩むもの。

せっかくなら喜んでもらえるものをお返ししたいけど、プレゼント選びは本当にむずかしいですよね。

 

ホワイトデーのみんなの予算

ホワイトデーの予算については、本当に人によりけりなので、一概にはいえないところ。

ですが世間一般的なイメージはこれくらいだそうですよ。

  • ◆夫・彼・好きな人 … 5,000円前後
  • ◆義理チョコ    … 500円前後

もちろんこれは一般的なイメージですから、受け取る人によっても変わります。

なぜなら私自身も5,000円のプレゼントでがっかりされた、という経験があり、「女ゴコロってむずかしいな…」と毎年悩んでいる人だからです。

 

じつは意味もある!ホワイトデーのお返しにぴったりなお菓子

ホワイトデーのお返しといえば、やっぱりお菓子が一般的ですよね。

でもどんなお菓子をお返しするのがいいのでしょうか。

一般的にはマシュマロやホワイトチョコなどが多いと思います。

それぞれのお菓子をお返しすることについて、少し考えてみたいと思いますが、女性によっては「受け取ったお菓子で気持ちを判断する」そうです。

 

ホワイトチョコレート

「バレンタインデーにチョコレートをもらったのなら、ホワイトデーにはホワイトチョコを返す」と考えている人は多いのではないでしょうか。

実際にチョコレートの専門店・高級店でも、ホワイトデーにはかわいらしいホワイトチョコが並びます。

ホワイトチョコからは「純粋」「真っ白」というピュアなイメージもあることから、ホワイトデーのお返しにはぴったりですよね。

また贈る側から特別な意味は持たないため、どんなお菓子を贈るか迷った場合には、ホワイトチョコが無難ですし、好きな女性も多いのでおすすめです。

 

マシュマロ

ホワイトデーの起源のひとつであるマシュマロも、お返し用のお菓子として人気です。

ふんわりとした食感がやさしくておいしいマシュマロ。

色も白くてホワイトデーでの贈り物にもぴったりそうですよね。

マシュマロはホワイトデーの贈り物として、選ばれることが多いお菓子ではありますが、気をつけておかなければならないのは、その意味です。

「あなたが好きではありません」という意味だと捉える場合もあるらしく、本命のチョコレートをくれた女性に贈るときには注意が必要でしょう。

 

キャンディ

キャンディもホワイトデーの起源として知られるお菓子のひとつです。

どうしても単価が安くなり過ぎてしまったり、ぴったりなものが見つからないことから、メインで贈り物として選ばない人が多いかもしれませんね。

ですが注目したいのは、キャンディに込められた意味です。

キャンディには「あなたのことが好きです」という意味づけもあるため、じつはホワイトデーの贈り物にはぴったりだったりします。

キャンディをメインに、ほかのお菓子と組み合わせてプレゼントしてみるのもよさそうですよね。

 

クッキー

ホワイトデーとは直接関係がないものの、おいしくてかわいらしい見た目なので、選ばれることの多いクッキー。

いろいろな組み合わせや価格帯があるため、お返しにクッキーを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

ですがクッキーには「友だちのままでいましょう」という意味があるのだそうです。

そのため付き合っていない女性から、本命チョコをもらった場合のお返しには注意が必要かもしれません。

 

マカロン

ホワイトデーに贈られる定番のお菓子にマカロンがあります。

色とりどりで、見た目もかわいいマカロンは、プレゼントすると喜ばれること間違いなしでしょう。

ただ「見た目は好きだけど、味はあまり好きじゃない」と、好みがはっきりわかれるのがマカロンのデメリット。

ものすごく甘いので、あとを引く甘さがどうしても苦手、という人は少なくありません。

ちなみにマカロンには「あなたは特別な人」という意味づけもあるそうです。

あなたにとって、本当に特別な人にあげても喜ばれそうですし、家族やお世話になっている人などに贈ってもよさそうですよね。

 

プレゼントするお菓子の意味は受け取る人次第

受け取るお菓子で、意思表示になるとは知らなかった人も多いのではないでしょうか。

そのためまったく気にしない女性もいれば、敏感な女性なら、受け取ったお菓子からあれこれと考える場合もあるでしょう。

ですからお菓子をプレゼントする女性が、どんな人かを理解したうえでチョイスしたいものですよね。

 

ホワイトデーに食べ物以外のお返しも増えている

ホワイトデーに、食べ物以外をお返しするパターンも増えています。

いろんなパターンがあるので、すべてはご紹介できないため、代表的なものを中心に。

もちろんこれから紹介するもの以外でも、親密な女性ならリッチなディナーをプレゼントする、なんてことも喜ばれそうですよね。

 

化粧品・コスメ

話題になっていたり、欲しがっていた化粧品やコスメをプレゼントする人も増えています。

ただし気をつけておかなければならないのは、彼女たちには愛用しているコスメがあったり、肌質に合わなかったりなど、贈っても喜ばれない場合もあること。

コスメには、並々ならぬこだわりのある女性も少なくありませんので、ある程度相手の好みがわかっている場合のほうがいいかもしれません。

 

アクセサリー

アクセサリーは、ホワイトデーのお返しとして喜ばれる贈り物のひとつです。

女性はアクセサリーが大好きですから、プレゼントの候補にもぴったりでしょう。

ただし好きではないブランドのものを選んでしまうと、失敗につながるので注意が必要かも。

 

せっかくのホワイトデーだからセンスの光るプレゼントを

バレンタインデーにチョコレートをもらえるとうれしいものです。

ですがその分かならずお返しも必要になります。

どんなチョコレートであっても、お返しをしない男性には、女性は冷めてしまうものです。

義理チョコであっても、ホワイトデーのお返しは忘れないようにしたいですね。

また女性は顔に出さなくても、ホワイトデーのお返しにはひそかに期待しているもの。

とくに親密な関係にある人なら、なおさらそのお返しに期待していることでしょう。

一年に一度の特別なイベントのホワイトデーですから、できるだけセンスの光るプレゼントをしたいものですよね。

女性が心から求めているものを当てることは、とてもむずかしいですが、何よりも大切なのは「一生懸命に選んだ」という事実なのではないでしょうか。

今年のバレンタインデーには、センスのあるプレゼントを一生懸命に選び、あなたの気持ちを伝えてみてください。