京都製菓製パン技術専門学校
京都製菓製パン技術専門学校

カフェと喫茶店は違うもの?カフェスタッフの仕事内容

買い物の合間にちょっと休憩をしたり、甘いスイーツを食べたりと、いろいろなシチュエーションで利用できるカフェ。スタイリッシュなカフェがあるなか、レトロな雰囲気を持つ喫茶店などもあり、カフェと喫茶店の違いが分からない人もいるはず。
そこで今回は、カフェと喫茶店の違いや、働くスタッフの仕事内容はどのようなものなのかなどを紹介します。

カフェと喫茶店の違いとは

皆さんの中には「カフェと喫茶店の違いって何だろう?」と聞かれても、答えられない人は多いはずです。どちらもコーヒーを飲めるし軽食が食べられるし、大きな違いはないのでは? と思ってしまうかもしれません。

実はこれ、営業許可の違いなのです。カフェというのは、アルコールが提供できる「飲食店営業許可」を、喫茶店はアルコールが提供できない「喫茶店営業許可」を取ることが決められています。もちろん、全てのカフェがお酒を出しているわけではありませんが、実はこのような違いがあります。

カフェスタッフの仕事内容

では、カフェで働くスタッフの仕事内容を見ていきましょう。
カフェスタッフの仕事は、まずホールとキッチンに分けられます。ホールで働くスタッフはお客様を席に案内したり、オーダーを取ったり、配膳やレジ、店内の清掃などを担当します。さらに、仕事をこなしながらホール全体に気を配り、お客さんに呼ばれたらすぐ行けるよう意識する必要があります。

キッチンで働くスタッフは料理の仕込みや調理、下げられてきた食器を洗うといった作業を行います。店によっては、ホールとキッチンの両方の仕事を兼ねる場合もあります。

カフェによっては「バリスタ」がいることも。バリスタとは、もともとバールで給仕をする人を指すイタリア語ですが、主にコーヒーに関する知識を幅広く持ち、お客様にとって最高のドリンクとサービスを提供する専門職です。

バリスタは、レストランやバーなどで働いている場合もあれば、コーヒーにこだわりを持つカフェで働いているケースもあります。バリスタがいることで、カフェ自体にも上質なイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

カフェスタッフに求められるスキル

次に、カフェスタッフに求められるスキルをチェックしましょう。
カフェはくつろぎにくるお客様が多い場所なので、ホールスタッフにはお客様が気持ちよく過ごせるような接客スキルが欠かせません。笑顔で出迎えるのはもちろん、声をかけやすい雰囲気を作ることが大切です。また、商品ひとつひとつをきちんと説明できることや、店内の汚れにいち早く気付くなど、細かい心配りができるかどうかも重要です。

キッチンスタッフに求められるスキルは、調理の技術はもちろん、ラテアートなどドリンクを作る技術や華やかなカフェデザートを作る技術なども求められます。また、新しいメニューを考える能力も必要です。トレンドに敏感な人たちがカフェを利用することもあるので、トレンドを取り入れたメニューを提供することが大切です。カフェの看板となるメニューを生み出せば、注目を集められるでしょう。

ホールとキッチンの両方を兼ねることもあるカフェでは、さまざまな仕事をこなすため、幅広い技術や知識が必要になります。将来、自分の理想の店を持ちたいと考えている人は、まずはカフェスタッフを目指して接客、企画力などを磨いてみてはいかがでしょうか。

カフェスタッフの仕事のやりがい

カフェスタッフの仕事は、お店のスタッフやお客様との関わり合いから、多くのやりがいを見いだせます。人それぞれ感じるやりがいに違いはありますが、ここでは代表的なものをご紹介しておきますね。

カフェスタッフの仕事で、あなただけのやりがいもきっと見つかるはず。参考にしてみてくださいね。

お客様とのコミュニケーション

ホールスタッフでのお仕事は、たくさんのお客様とのコミュニケーションを取ることになるでしょう。そしてそのコミュニケーションにやりがいを感じる人は多いようです。

はじめのうちは、知らないお客様ばかりに囲まれてのお仕事となりますが、だんだんと何度もお店に訪れるお客様と仲良くなる機会も増えるでしょう。

このようにお客様と密なコミュニケーションが楽しみとなることも、カフェスタッフならではの醍醐味といえるのではないでしょうか。

お客様から感謝されること

常連のお客様にくわえて、はじめてのお客様もたくさん来店されるでしょう。そんなさまざまなお客様から、料理やコーヒーがおいしかったこと、接客がよく居心地がよかったこと、また来たいと直接いわれることもカフェスタッフならではのやりがいです。

憧れのカフェスタッフとして仕事をして、お客様から感謝までされる。こんな幸せなことはありません。

いろいろなやりがいはあると思いますが、やっぱり長く続けていくためには、お客様から感謝されるような仕事を心がけたいですね。

お店の中で協力し合えること

カフェでの仕事は、決して一人では成り立ちません。

キッチンスタッフとホールスタッフが、それぞれ協力してこそ成り立つお仕事です。とくに忙しい時期や時間では、それぞれのスタッフ同士の連携がなければうまく回りません。

ぴったりなあうんの呼吸で、気持ちよくお客様が回転していく瞬間は、仕事が楽しいと感じる瞬間のひとつなのではないでしょうか。限られた人数の中で仕事をしていくことになるので、みんなが協力し合える関係を作りたいものですよね。

カフェスタッフの仕事の大変なところ

カフェスタッフには、たくさんのやりがいがある反面、もちろん大変なこともたくさんあります。カフェスタッフのお仕事はサービス業。そのためある意味サービス業全般に共通することではありますが、大変なところも知っておきましょう。

立ち仕事で一日中立ちっぱなし

サービス業でだれもがはじめに感じる大変さは、一日中立ちっぱなしであることです。立ち仕事は慣れですから、1ヶ月もしないうちになんともなくなってしまうもの。

ですがはじめのうちは、とにかくつらいと感じてしまうはずです。「これをずっと続けていく自信がない…」ときっと怖くなると思いますがだいじょうぶ。

不思議なもので、一生懸命に仕事をしているうちに、いつの間にか立っていることに疲れは感じなくなりますよ。

忙しいときの立ち回り

こちらもサービス業に共通することですが、忙しい時期や時間帯の立ち回りは本当に大変です。少しくらいの忙しさであればすぐに慣れると思います。

ですがときには、とても回しきれないほど、次からつぎにお客様が来店されることもあるはずです。こんなときは誰もが大変だと感じるでしょう。

そして「長く待っているお客様のためになんとか早く仕事を回さないと」と焦り、そんなときに限ってミスをしてしまうもの。オーダーミスなどが多発して、結果的にさらに回転が遅くなってしまう…、なんてことはよくあります。

ですからどれだけ忙しくても、焦らないことが大切です。どれだけ忙しくても早くできることには限りがあるので、焦らずに一つひとつをていねいにこなすだけでいいのです。

みんな同じ道を通って一人前のカフェスタッフになるもので、心配しなくて大丈夫ですよ。