京都製菓製パン技術専門学校
京都製菓製パン技術専門学校

世界中で愛される!コーヒーの長い歴史について

嗜好品の王様として、世界中で愛されているコーヒー。

私も毎日飲んでいますし、もしかするとあなたも毎日飲んでいるのではないでしょうか。

だれもが当たり前のように飲んでいるコーヒーですが、じつはものすごく大きな産業であり、とても長い歴史があることはご存知でしょうか。

私たちが考えている以上に、長い時の流れの中で愛されてきたコーヒーについて、簡単ではありますがご紹介します。

コーヒーを飲んでいる時に、その歴史について思い描きながら楽しむのも一興ですよね。

コーヒーの歴史、その起源は?

コーヒーの長い歴史の中で、その起源について正確なことはわかっていません。

ですが大きく分けて、2つの伝説がコーヒーのルーツとして知られています。

アラビカ説

イスラム教の聖職者だったオマールが発見したという説です。

暮らしていた国の王である、モカ王の娘に恋をしたオマールが追放され、山中で偶然見つけて食べた赤い木の実が非常に美味で、スープを作ります。

このスープを飲むと、とてもスッキリした気分になることを発見。

その後、オマールが街に広めたこのスープがコーヒーのルーツとなったというものです。

エチオピア説

カルディという山羊飼いの青年が見つけたという説。

ある日カルディは、山羊が赤い木の実を食べると元気になることを知ります。

そのことを知ったカルディは、自分でもその赤い実を食べてみることに。

すると不思議なことに眠気がなくなり、たちまちスッキリとした気分にあることを発見します。

この赤い木の実がコーヒーだったという説です。

 

アラビアとコーヒーの歴史

もともとエチオピアの高原地帯に自生していたコーヒーノキの果実は、現地で煮て食べられていました。

今でもエチオピアでは、その名残である風習が残っています。

そこから9世紀ごろに、コーヒーがアラビア半島へ伝わり、そこではコーヒー豆はバン、コーヒーはバンカムと呼ばれていました。

バンカムは焙煎という技術ができる前だったため、乾燥させたコーヒー豆(バン)をすり潰し、熱湯で抽出した飲み物だったとされています。

これが現在のコーヒーにつながる最初の形です。

このころに残された記録にも、正確なバンカムの入れ方が残っています。

また詳細な時期はわかっていませんが、そこから偶然に焙煎すると風味がよくなることが発見され、何百年以上もの時間をかけて、イスラム社会で少しずつ文化として馴染んでいきました。

 

ヨーロッパとコーヒーの歴史

17世紀に入ると、コーヒーはヨーロッパにも伝来します。

ですが伝来当初は、珍しいうえに好んで飲む人はおらず、主に学者の研究対象として以外は知られていませんでした。

さらにイスラム社会と密接な関係のあったコーヒーを「悪魔の飲み物」として弾圧する人も現れはじめます。

そこで当時のローマ教皇が味見をしますが、その味に取り憑かれ、コーヒーそのものに洗礼の儀を行い、キリスト教が飲むことを許可したのだそうです。

その後はベネツィアの商人の手によって、ヨーロッパの国々の各地へ広まり、一般市民にも広がっていきます。

そしてコーヒーの作用や飲み方の研究もされ、多くの書籍が出版されるなど、コーヒー文化が生まれました。

 

アメリカとコーヒーの歴史

アメリカ大陸へのコーヒーの伝来は、1640年ごろだとされています。

持ち込んだのは、オランダ・イギリスの船だとされていますが、正確なことまではわかっていません。

このころのアメリカでの嗜好飲料は、イギリスで飲まれていた紅茶であり、当初はコーヒーの高価さからあまり浸透しませんでした。

ですがその後ニューヨークが世界中のコーヒー豆の取引場となり、コーヒーハウスが産まれるなど徐々に浸透していきます。

そして南米諸国での大量生産が可能になると、コーヒーの価格は一気に下がり、一般市民にも飲まれるようになり、世界中に輸出されはじめました。

とくに禁酒法の施工後は、多くの市民に支持されることとなります。

 

コーヒーの現在

その後コーヒーは世界各地に広まり、もちろん日本国内にも持ち込まれます。

そこからはだれもがご存知のとおり、国々で独自のコーヒーの飲み方が考案され、世界中で愛される飲み物となりました。

またコーヒーを飲むお店であるカフェも、文化的な交流の場としても愛され、多くの人が集まる場所でもあります。

このようにコーヒーは、長い時間をかけて現在の形となったのです。