京都製菓製パン技術専門学校
京都製菓製パン技術専門学校

パティシエ専門学校の学費は、夢への投資

パティシエの専門学校の学費って?

こんにちは。

パティスリー・ショコラ上級科1年生の洋子です。

一流のパティシエになる最短の道は、専門学校で勉強すること。

それはわかっていても、気になるのが学費の問題ですよね。

安くはないことはなんとなくわかっているので、両親に相談しづらいと感じてはいませんか?

ですがしっかりと把握して、早めに相談をしないと、進路を決める自分自身を追い詰めてしまいます。

まずは、たくさん調べて、早めに相談することからはじめましょう。

この記事ではパティシエの専門学校にかかる学費や、奨学金制度などについてご紹介しています。

パティシエ専門学校の学費事情

パティシエの専門学校に通うためには、どれくらいの学費がかかるのでしょうか。

私も高校時代に全国の学校の学費をチェックしていましたが、大体これくらいが目安だったと思います。

【専門学校の学費 … 250〜350万円】

この金額に加えて、細かなお金がかかると考えると、卒業までに400万円近く必要になると考えておくとよいと思います。

気をつけないといけないのが、ウェブサイトで見ていると、100万円台ですごく安い学校も見かけること。

これは卒業までの学費のトータルではなく、初年度納入金といって1年目にかかる金額の場合があります。

ですからほかよりも安いように見えても、資料請求や電話で問合せをするなどしっかり確認した方がいいと思います。

そうすると本当に必要な学費がわかるはずです。

京都製菓製パン技術専門学校の学費

私が通っている専門学校の学費もご紹介しておきますね。

詳しくは下のページにも載っているので、気になる方はぜひ見てみてください!
学費について|京都製菓製パン技術専門学校

学費内訳 パティスリー・ショコラ上級科
カフェスイーツ上級科
パン上級科
和菓子上級科
1年次 2年次
入学金 150,000
施設・設備費 220,000 220,000
授業料 770,000 820,000
実習教材費 540,000 740,000
学費合計 1,680,000 1,780,000

1年次と2年次の学費の合計が、卒業までにかかる金額なので注意してください。

私の専門学校は全国平均くらいの金額みたいですね。

安くはない金額ですが、勉強できることがホントに多いので、金額以上のメリットがあるんですよ。

パティシエの専門学校に通いたい!学費はどうする?

一流のパティシエになるためは、専門学校に通うのが一番です。

すぐに現場で働くことは、仕事を最短で覚えられるといった強みはありますが、やっぱり学校だからこそ学べることもたくさんあるんですよね。

だからパティシエの専門学校に通いたい!そう考えているのなら、学費だけで諦めないでください。

なぜなら専門学校に通うためのサポートは、それぞれの専門学校ごとに用意されているから。

たとえば私の学校では、特待生制度と呼ばれる、授業料が全額または一部免除されるという大きな奨学金制度があります。

その他にも、授業料から数十万円の給付額分を減額される奨学金制度もあります。

このような制度は、他の専門学校でもあるはずですから、問合せをしてみるのが一番でしょう。

ほかにも国が行っている奨学金制度や、学費のローンといった選択肢もあります。

本気で勉強したいと思ったら、解決できる方法はたくさんあるのです。

パティシエの専門学校には、学費に見合う学びがある!

専門学校で勉強するための学費は、何だかんだ言っても、やっぱり高い……。

それでもたくさんの人が専門学校へ進むのは、それだけのリターンがあるからです。

たしかに働きながらでも、本やウェブサイトで勉強もできますが、時間の関係や体系化されていないバラバラの情報を読み解いていくのは、間違いなく大変なこと。

ですから、まとめられた基礎的な理論や技術を時間をかけて学べることは、学生じゃないとできない貴重な経験だと思います。

それに、専門学校でしっかり勉強すれば、いくつもの資格が取れるというメリットもあります!

パティシエという仕事自体は、特に資格が無くても出来てしまうんですが、やっぱり資格があると「自分はこんなことができます、こんなことを学んできました」というのを、相手に伝えやすいですよね。

実際、その資格を取るために、たくさん勉強するわけですから、使わないのはもったいない!

それに、自分と同じ夢、パティシエを目指すたくさんの友だちと切磋琢磨しながら成長できるということも、きっと今しかできない大切な経験であり、大きな宝物ですよね!