京都製菓製パン技術専門学校
京都製菓製パン技術専門学校

シュークリームの正しい食べ方!もうこれでクリームを落としません


フランスで生まれた、世の中でもとてもおいしいお菓子のひとつに数えられるシュークリーム。

シューとは「キャベツ」という意味で、その名前のとおりキャベツの形を模したお菓子なんですね。

フランスではエクレアと共に、とても愛されている国民的なお菓子です。

日本でも本格的な洋菓子店やレストラン・カフェで食べられるほか、専門店やスーパーなどでも気軽に買えます。

とくに最近では、コンビニがシュークリームの開発・改良に力を入れていて、専門店も真っ青なほどのクオリティ。

たくさんの人がお昼の休憩や、3時のおやつにコーヒーとともに楽しんでいるのではないでしょうか。

ですがそんな私たちを心から楽しませてくれるシュークリームには、ただひとつの欠点があります。

それがキレイに食べられないこと…。

食べようとすると、中からクリームが飛び出してしまい、手や服を汚してしまった…、なんて経験はきっとたくさんの人にあるはず。

この記事では、そんなだれもが食べるのを苦戦するシュークリームを、キレイに食べる方法についてご紹介します。

クッキー生地のシュークリームの場合

まずは洋菓子店やレストランなどで食べられる、クッキー生地でつくられた、少し上品なシュークリームの食べ方です。

こちらも急に出てくると、食べ方がわからずくちゃくちゃになりがちですよね。

正しい食べ方はつぎの手順の通りです。

 

手順①フタにクリームを付けて食べる

クッキー生地で作られたシュークリームの場合、ほとんどは上部をカットし、クリームを詰めたあとにカットした生地でフタをしているはずです。

この場合、まずはフォークでフタになっている生地にクリームを付けながら食べます。

 

手順②ナイフとフォークでひと口ずつ

フタの部分を食べ終わったら、あとはナイフとフォークで、ひと口ずついただきます。

ボロボロとくずれますが、生地をクリームに付けながら食べれば、ほとんど残らずキレイに食べられるでしょう。

私も始めてこのタイプのシュークリームを食べたときには、クリームや砕けたクッキー生地で悲惨なことに…。

はずかしい思いもした記憶があります。

ぜひこの食べ方をマスターして、おいしくキレイにシュークリームをいただきましょう。

 

コンビニなどの一般的なシュークリームの場合

食べる機会が多いのは、どちらかというとこちらのタイプのシュークリームなのではないでしょうか。

コンビニなどでどこでも買えるのがうれしい反面、手を洗う場所がないときは、飛び出したクリームで汚れるのが怖くて、食べることを躊躇することもありますよね。

そんな一般的なシュークリームでも、キレイに食べる方法があったのです。

この方法なら、今日から気兼ねなくシュークリームが楽しめますよ。

 

食べ方①半分に割って食べる

いちばんかんたんでキレイに食べられるのが、シュークリームを半分に割って食べる方法です。

この方法だと、クリームが飛び出したり、はみ出てしまう事故も起こりにくく、安全に食べられます。

欠点としては、生地を両手で持つ必要があるため、手に油が残ってしまうこと。

お手拭きなどが手元にある場合なら、この方法で食べることをオススメします。

 

食べ方②左右にゆすってクリームを均等に

続いて意外と人気の方法が、袋から出す前に左右にしっかりとゆする方法です。

左右にしっかりとゆすることで、中のクリームが均一になり、飛び出しにくくなります。

ただ100%確実ではなく、私はこれで失敗したことも…。

どうしても両手を汚したくない場合は、この方法を試してみてください。

 

食べ方③ひと口分ずつちぎる

ほかにもひと口ずつちぎって食べる、という方法もあります。

生地をちぎりながら、クリームを付けて食べる、というちょっと上品に見える方法。

少しずつ食べられることから、ゆっくりシュークリームを楽しめる食べ方でもあります。

手はやや汚れてしまいますが、好みで試してみたい食べ方ですね。