ブックタイトル京都製菓製パン技術専門学校 入学案内 2019

ページ
80/106

このページは 京都製菓製パン技術専門学校 入学案内 2019 の電子ブックに掲載されている80ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

京都製菓製パン技術専門学校 入学案内 2019

79夢を叶え、活躍している先輩たち。五感北浜本館丹生屋裕人さんYutoNiunl句raハイアットリージェンシー京都渋谷南さんMinami Shibutani先輩に思を返し、後輩に道を示す。日本一のお菓子屋をつくる。そんな社長の熱い想いに惹かれて「五感Jに入金士し、10年以上になります。『五感」には、アメ細工で日;本トップレベルの技術を持つシヱフもいます。偉大な先輩方の指導在蟹けながら、自分なりの個性の出し方を考え、数4のコンテストに挑戦しています。コンテストは自分との闘い。庖の名に恥じない作品をつ〈るため、ときには朝方まで鼠作や改普をかきおます。そうして成果を出す乙とは、先輩方への恩返しであり、後車たちに道を示すためにも意味のあることだと考えています。Profile丹生量裕人吉ん{大阪府/箕面東高校出身)2005年寧襲。r.n:.Jに入社し、現在シェフパティシエを務める。I冒146回大阪府洋菓子コンテスト」で大阪府知事貧・最優秀賞を畏賞。職場のみんなと、勝ち得た金賞。パティシエたちの技術向よのために聞かれるコンテスト、「ヌーベル'/~'ティスりー・ヂ1 ・ジャポンj。入社3年目に私たちの職場である「ハイアットリージェンシー京都」が会場になり、みんなで錦戦することになりました。仕事が終わってからの練習は、夜中まで続くことも多〈大変でしたが、苦労した分、金貨という結果を出すことができました。ー績に残って指導してくださった先輩や出場する様会を与えてくれたシェフ、聴場に恩返しで書たことを、何よりも姐し〈恩います。今は新設されたレストランのデザート部門でメニュー考案から任せていただいているので、レストラン部門と連携を取りながらしっかりと務めてい曹たいと思っています。Profile渋脊商事ん{京都府/京田辺シ:19イナー学校出身)2013年卒払京都製菓に在学取担任のすすめで「ハイアット1)ージェンシー京掻lへのイン合ーンシップを経直書したことが、制濁Eのきっかけに。京菓子笹屋目園今井裕介さんYusukelmaiビストロプランジエリーブリアン浦谷准平さんJyunpei Uratani手づくりのおいしさを、届けたい。地元が京都で、日頃から和菓子に親しんでいたことから、和菓子職人をめざしました。近ごろは、多〈のお唐が様様によるお菓子づくりを行っている中、厳選された素材をつかい、一つひとつ手仕事でつ〈り上げる匠の盗事豊に魅力を感じ、「笹屋畠圃J'こ入職。今は看板商品であるIわらぴもちjを担当しています。機誠では再現が躍しい、絶妙なやわらかさを表現するための、感性と技術を養うことができました。ひと・つの技術に特化するだけでな〈、多彩なお菓子を手がけられる職人になりたいです。Profile今井裕介さん{京都府/堀川高捜出身)2016年卒舞.高校生のと脅から量昧だったお菓子づくりを極めようと、京都銀菓へ.大正時代から綿〈和菓子の老舗「笹屋昌圃」の手仕事に惹かれ、現在修行中.「生地と対話する」を、実感。学生時f'e..何軒ものパン屋さんを食べ歩き、昼もおいしいと感じたこのお直に入金士しまレた。入社6年目になる今、20種類ほどあるパン生地の仕込みを任されています。絶対にミスが併されない仕事のため、その日の気温や温度にも気を配りながら、丁寧な作業を繰り返しています。近頃、「生地と対話するjという言葉を実感できるようになってきて、その感覚を新商品の試fーなどにも活かしています。京都製菓の恩師とは、今も休日などにお会いすることがあり、いろんなことを教わっています。Profile涌谷准平吉ん滋賀県/草津東高校出身)2013年率歳。京都・北山にある「ピストロブランジェりーブリアンJに入社し、ブーランジェとしで経験壷積む日々.小学生の頃、祖母に喜んでもらうために傭いたパンが、パンづ〈りの原点。fIIII"talwa SCHOOLGUIDE2019 80