閉じる

京都製菓製パン技術専門学校の
教育方針について

学園理念

建学の精神

人の和の広がりを大きくし、
もって人類の福祉増進に寄与する

学園の使命

広く世界に目を向けた職業と実際生活に
必要な教育を通じて、
生涯学習社会の一翼を担い、
豊かな社会と文化の創造に貢献する

教育要領

1. 真理を愛し、創造性を豊かにする
2. 義務と責任を果たし、社会性を養う
3. 清潔を尊び、礼節をわきまえた人格形成に努める
4. 異なりを認め合い、相互に敬愛する
5. 人に奉仕し、人をもてなし、人を幸せにする

各学科3つのポリシー

【パティスリー・ショコラ上級科】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. 新たな価値を生み出す創造力と洋菓子分野に必要な総合的知識・専門的技術を有し、店舗運営・マネジメントに必要な総合的実践力を身につけている
  2. 衛生管理および食品・栄養に関する知識を有し、安心・安全な商品を提供する能力を身につけている
  3. 社会人基礎力を有し、職業人として必要な挨拶・礼儀・身だしなみ及び、規範やモラルを守る力を身につけている
  4. 製菓衛生師として必要な知識・技術を有し、製菓衛生師試験に合格する力を身につけている
  5. 社会や業界に貢献したい思いを有し、人々の喜びや笑顔を創り出せるホスピタリティマインドを身につけている

■ カリキュラム・ポリシー

洋菓子分野の知識・技術のみならず、衛生管理やコスト管理、接客・サービスなど店舗運営に関わる知識・技術を総合的に学習する。また、職業人として必要なマナーやホスピタリティ精神、コミュニケーション能力をを醸成し、業界や社会の発展に貢献できる人材を養成するための教育を行う。

<コア科目>

  1. 製菓・製パンの基本的な知識・技術を身につける科目
  2. 製菓衛生師として必要な食品・衛生・法律に関する知識を身につける科目
  3. 正しい職業観や社会人としての規範やモラル、ホスピタリティマインドを身につける科目

<アドバンスト科目>

  1. 洋菓子分野に求められる専門性の高い知識・技術を身につける科目
  2. パティシェとして接客・サービスなどコミュニケーション能力を身につける科目
  3. 洋菓子店を運営する実践力を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. ホスピタリティマインドの醸成に努め、積極的にコミュニケーション力を発揮できる人
  3. 洋菓子分野に興味があり、知識や技術を高めるため主体的に学ぶ意欲のある人
  4. 職業人として必要な挨拶、礼儀、モラルを身につけ、将来製菓衛生師として洋菓子業界で活躍する意欲のある人
  5. 人の幸せに共感でき、地域や社会全体のハピネスに貢献できる人

【カフェスイーツ上級科】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. 自発的なコミュニケーション力とカフェスイーツ分野に必要な総合的知識・専門的技術を有し、店舗運営・マネジメントに必要な総合的実践力を身につけている
  2. 衛生管理および食品・栄養に関する知識を有し、安心・安全な商品を提供する能力を身につけている
  3. 社会人基礎力を有し、職業人として必要な挨拶・礼儀・身だしなみ及び、規範やモラルを守る力を身につけている
  4. 製菓衛生師として必要な知識・技術を有し、製菓衛生師試験に合格する力を身につけている
  5. 社会や業界に貢献したい思いを有し、人々の喜びや笑顔を創り出せるホスピタリティマインドを身につけている

■ カリキュラム・ポリシー

カフェスイーツ分野の知識・技術のみならず、衛生管理やコスト管理、接客・サービスなど店舗運営に関わる知識・技術を総合的に学習する。また、職業人として必要なマナーやホスピタリティ精神、コミュニケーション能力をを醸成し、業界や社会の発展に貢献できる人材を養成するための教育を行う。

<コア科目>

  1. 製菓・製パンの基本的な知識・技術を身につける科目
  2. 製菓衛生師として必要な食品・衛生・法律に関する知識を身につける科目
  3. 正しい職業観や社会人としての規範やモラル、ホスピタリティマインドを身につける科目

<アドバンスト科目>

  1. カフェスイーツ分野に求められる専門性の高い知識・技術を身につける科目
  2. カフェスタッフとして接客・サービスなどコミュニケーション能力を身につける科目
  3. カフェ店舗を運営する実践力を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. ホスピタリティマインドの醸成に努め、積極的にコミュニケーション力を発揮できる人
  3. カフェスイーツ分野に興味があり、知識や技術を高めるため主体的に学ぶ意欲のある人
  4. 職業人として必要な挨拶、礼儀、モラルを身につけ、将来製菓衛生師として
    カフェスイーツ業界で活躍する意欲のある人
  5. 人の幸せに共感でき、地域や社会全体のハピネスに貢献できる人

【パン上級科】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. パン製造のプロセスにおける自己判断能力と製パン分野に必要な総合的知識・専門的技術を有し、店舗運営・マネジメントに必要な総合的実践力を身につけている
  2. 衛生管理および食品・栄養に関する知識を有し、安心・安全な商品を提供する能力を身につけている
  3. 社会人基礎力を有し、職業人として必要な挨拶・礼儀・身だしなみ及び、規範やモラルを守る力を身につけている。
  4. 製菓衛生師として必要な知識・技術を有し、製菓衛生師試験に合格する力を身につけている
  5. 社会や業界に貢献したい思いを有し、人々の喜びや笑顔を創り出せるホスピタリティマインドを身につけている

■ カリキュラム・ポリシー

製パン分野の知識・技術のみならず、衛生管理やコスト管理、接客・サービスなど店舗運営に関わる知識・技術を総合的に学習する。また、職業人として必要なマナーやホスピタリティ精神、コミュニケーション能力を醸成し、業界や社会の発展に貢献できる人材を養成するための教育を行う。

<コア科目>

  1. 製菓・製パンの基本的な知識・技術を身につける科目
  2. 製菓衛生師として必要な食品・衛生・法律に関する知識を身につける科目
  3. 正しい職業観や社会人としての規範やモラル、ホスピタリティマインドを身につける科目

<アドバンスト科目>

  1. 製パン分野に求められる専門性の高い知識・技術を身につける科目
  2. ブーランジェとして接客・サービスなどコミュニケーション能力を身につける科目
  3. ベーカリーショップを運営する実践力を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. ホスピタリティマインドの醸成に努め、積極的にコミュニケーション力を発揮できる人
  3. 製パン分野に興味があり、知識や技術を高めるため主体的に学ぶ意欲のある人
  4. 職業人として必要な挨拶、礼儀、モラルを身につけ、将来製菓衛生師としてパン業界で活躍する意欲のある人
  5. 人の幸せに共感でき、地域や社会全体のハピネスに貢献できる人

【和菓子上級科】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. 和菓子文化の発展と継承に対する志と和菓子分野に必要な総合的知識・専門的技術を有し、店舗運営・マネジメントに必要な総合的実践力を身につけている
  2. 衛生管理および食品・栄養に関する知識を有し、安心・安全な商品を提供する能力を身につけている
  3. 社会人基礎力を有し、職業人として必要な挨拶・礼儀・身だしなみ及び、規範やモラルを守る力を身につけている
  4. 製菓衛生師として必要な知識・技術を有し、製菓衛生師試験に合格する力を身につけている
  5. 社会や業界に貢献したい思いを有し、人々の喜びや笑顔を創り出せるホスピタリティマインドを身につけている

■ カリキュラム・ポリシー

和菓子分野の知識・技術のみならず、衛生管理やコスト管理、接客・サービスなど店舗運営に関わる知識・技術を総合的に学習する。また、職業人として必要なマナーやホスピタリティ精神、コミュニケーション能力を醸成し、業界や社会の発展に貢献できる人材を養成するための教育を行う。

<コア科目>

  1. 製菓・製パンの基本的な知識・技術を身につける科目
  2. 製菓衛生師として必要な食品・衛生・法律に関する知識を身につける科目
  3. 正しい職業観や社会人としての規範やモラル、ホスピタリティマインドを身につける科目

<アドバンスト科目>

  1. 和菓子分野に求められる専門性の高い知識・技術を身につける科目
  2. 和菓子職人として接客・サービスなどコミュニケーション能力を身につける科目
  3. 和菓子店を運営する実践力を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. ホスピタリティマインドの醸成に努め、積極的にコミュニケーション力を発揮できる人
  3. 和菓子分野に興味があり、知識や技術を高めるため主体的に学ぶ意欲のある人
  4. 職業人として必要な挨拶、礼儀、モラルを身につけ、将来製菓衛生師として和菓子業界で活躍する意欲のある人
  5. 人の幸せに共感でき、地域や社会全体のハピネスに貢献できる人

【製菓技術科】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. 製菓・製パン分野に必要な基本的知識と技術を有し、将来製菓衛生師として活躍できる力を身につけている
  2. 衛生管理および食品・栄養に関する知識を有し、安心・安全な商品を提供する能力を身につけている
  3. 社会人基礎力を有し、職業人として必要な挨拶・礼儀・身だしなみ及び、規範やモラルを守る力を身につけている
  4. 製菓衛生師として必要な知識・技術を有し、製菓衛生師試験に合格する力を身につけている
  5. 社会や業界に貢献したい思いを有し、人々の喜びや笑顔を創り出せるホスピタリティマインドを身につけている

■ カリキュラム・ポリシー

製菓・製パンに関する基本技術・知識を幅広く習得し、ホスピタリティマインドや職業人として必要な職業観を身につける。また、地域社会に貢献できる人材を育成するための科目を体系化し、積み上げ方式で技術・知識を習得する教育を行う。

<コア科目>

  1. 製菓・製パンの基本的な知識・技術を身につける科目
  2. 製菓衛生師として必要な食品・衛生・法律に関する知識を身につける科目
  3. 正しい職業観や社会人としての規範やモラル、ホスピタリティマインドを身につける科目

<アドバンスト科目>

  1. 専門性の高い製菓・製パンの実践的な技術を身につける科目
  2. 食文化や食生活に関わる製菓知識を身につける科目
  3. 現場で実践できるコミュニケーション能力を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. ホスピタリティマインドの醸成に努め、積極的にコミュニケーション力を発揮できる人
  3. 製菓・製パン分野に興味があり、高い志をもって知識や技術の習得に取り組める人
  4. 職業人として必要な挨拶、礼儀、モラルを身につけ、将来製菓衛生師として
    製菓・製パン業界で活躍する意欲のある人
  5. 人の幸せに共感でき、地域や社会全体のハピネスに貢献できる人

【製菓技術科夜間部】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. 製菓・製パン分野に必要な基本的知識と技術を有し、将来製菓衛生師として活躍できる力を身につけている
  2. 衛生管理および食品・栄養に関する知識を有し、安心・安全な商品を提供する能力を身につけている
  3. 社会人基礎力を有し、職業人として必要な挨拶・礼儀・身だしなみ及び、規範やモラルを守る力を身につけている
  4. 製菓衛生師として必要な知識・技術を有し、製菓衛生師試験に合格する力を身につけている
  5. 社会や業界に貢献したい思いを有し、人々の喜びや笑顔を創り出せるホスピタリティマインドを身につけている

■ カリキュラム・ポリシー

製菓・製パンに関する基本技術・知識を幅広く習得し、ホスピタリティマインドや職業人として必要な職業観を身につける。また、地域社会に貢献できる人材を育成するための科目を体系化し、積み上げ方式で技術・知識を習得する教育を行う。

<コア科目>

  1. 製菓・製パンの基本的な知識・技術を身につける科目
  2. 製菓衛生師として必要な食品・衛生・法律に関する知識を身につける科目
  3. 正しい職業観や社会人としての規範やモラル、ホスピタリティマインドを身につける科目

<アドバンスト科目>

  1. 専門性の高い製菓・製パンの実践的な技術を身につける科目
  2. 食文化や食生活に関わる製菓知識を身につける科目
  3. 現場で実践できるコミュニケーション能力を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. ホスピタリティマインドの醸成に努め、積極的にコミュニケーション力を発揮できる人
  3. 製菓・製パン分野に興味があり、高い志をもって知識や技術の習得に取り組める人
  4. 職業人として必要な挨拶、礼儀、モラルを身につけ、将来製菓衛生師として
    製菓・製パン業界で活躍する意欲のある人
  5. 人の幸せに共感でき、地域や社会全体のハピネスに貢献できる人

【通信教育課程】

■ ディプロマ・ポリシー

  1. 製菓・製パンの基本技術を身につけている
  2. 製菓衛生師に必要な製菓・製パンの理論を理解している
  3. 製菓衛生師に必要な食品、栄養に関する知識を得ている
  4. 製菓衛生師に必要な衛生管理と食の安全に関する知識を得ている

■ カリキュラム・ポリシー

スクーリングと自宅学習を通じ、製菓衛生師として必要な食品、衛生、法律、製菓理論に関する知識と、基本的な製菓技術を習得する教育を行う。

  1. 製菓・製パンの基本技術を身につける科目
  2. 製菓・製パンの理論を身につける科目
  3. 製菓衛生師として食品、栄養に関する知識を身につける科目
  4. 製菓衛生師として衛生管理と食の安全に関する知識を身につける科目

■ アドミッション・ポリシー

  1. 建学の精神に共感し、本学で学びたいという強い意志と明確な目的をもつ人
  2. お菓子を通じて人を幸せにすることに喜びを感じる人
  3. お菓子に関する知識やお菓子作りの技術を高めたい人
  4. 将来製菓衛生師の免許が取得したい人

パティスリー・ショコラ上級科アセスメント・ポリシー

パティスリー・ショコラ上級科アセスメント・ポリシー

本学科では、学修成果の評価に関する方針を、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに基づき、機関(学校)レベル、教育課程(学科)レベル、科目(授業)レベルにおいて以下のとおり定めます。

  1. 機関(学校)レベル
    進路決定率、専門職就職率、卒業時満足度アンケート、進級時満足度アンケート、新入生アンケート、事業所アンケート、卒業生アンケート、学校関係者評価等から、学修成果達成状況を測定します。
  2. 教育課程(学科)レベル
    製菓衛生師試験合格率、製菓衛生師試験対策模擬試験得点率、履修科目修得状況、授業評価アンケート、プレイスメントチェック等から、学修成果達成状況を測定します。
  3. 科目(授業)レベル
    シラバスで提示した「成績評価」に基づき、「到達目標」に掲げる知識、能力が身についているか、学修成果達成状況を測定します。
    なお、成績評価は次の基準に基づき判定します。
    A:80点以上、 B:70点~79点、 C:60点~69点、
    N:科目履修認定(資格取得等で科目履修が認定される科目)

検証方法(アセスメントチェック)

以下の方法で検証します。

  1. 各種入学選考においてアドミッション・ポリシーの要件を満たしているか確認し、審査に活用します。
  2. 入学時のプレイスメントチェックにおいて、基礎学力のレベルを確認し、基礎学力向上に向けたサポートに活用します。
  3. 入学時の新入生アンケートにおいて、本校への進学理由等を確認し、効果的な学生募集活動に繋げるとともに、新入生が求める教育内等を調査することで、学校運営やカリキュラムの改善に活用します。
  4. 各科目のシラバスに記載された到達目標の達成を確認するため、定期試験、技術検定、小テスト、レポート課題等で評価し、科目履修認定に活用します。
  5. 校外実習において、実習先指導者からの評価を、科目履修認定に活用します。
  6. パティスリー・ショップ実践において、お客様アンケートを実施し、ショップ運営で活用します。
  7. 製菓衛生師試験模擬試験の実施により、個々の理解度を確認し、製菓衛生師試験合格に向けたサポートに活用します。
  8. 製菓衛生師試験合格率、履修科目取得率により、教育レベルを評価し、教育課程の改善に活用します。
  9. 進路決定率、専門職就職率、希望就職率、就職・進学希望者率により、進路状況を評価し、進路サポートの改善に活用します。
  10. 各科目において授業評価アンケートを実施し、満足度の高い授業が実施されていたか評価し、授業の改善に活用します。
  11. 進級時および卒業時にアンケートを実施し、教育・カリキュラム、就職サポート、学園生活に対する満足度を評価し、学校、学科運営の改善に活用します。
  12. 卒業生及び事業所にアンケートを実施し、卒業生の活躍状況を評価し、教育課程の改善に活用します。
  13. 自己評価、学校関係者評価を実施し、学校、学科運営の改善に活用します。

カフェスイーツ上級科アセスメント・ポリシー

本学科では、学修成果の評価に関する方針を、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに基づき、機関(学校)レベル、教育課程(学科)レベル、科目(授業)レベルにおいて以下のとおり定めます。

  1. 機関(学校)レベル
    進路決定率、専門職就職率、卒業時満足度アンケート、進級時満足度アンケート、新入生アンケート、事業所アンケート、卒業生アンケート、学校関係者評価等から、学修成果達成状況を測定します。
  2. 教育課程(学科)レベル
    製菓衛生師試験合格率、製菓衛生師試験対策模擬試験得点率、履修科目修得状況、授業評価アンケート、プレイスメントチェック等から、学修成果達成状況を測定します。
  3. 科目(授業)レベル
    シラバスで提示した「成績評価」に基づき、「到達目標」に掲げる知識、能力が身についているか、学修成果達成状況を測定します。
    なお、成績評価は次の基準に基づき判定します。
    A:80点以上、 B:70点~79点、 C:60点~69点、
    N:科目履修認定(資格取得等で科目履修が認定される科目)

検証方法(アセスメントチェック)

以下の方法で検証します。

  1. 各種入学選考においてアドミッション・ポリシーの要件を満たしているか確認し、審査に活用します。
  2. 入学時のプレイスメントチェックにおいて、基礎学力のレベルを確認し、基礎学力向上に向けたサポートに活用します。
  3. 入学時の新入生アンケートにおいて、本校への進学理由等を確認し、効果的な学生募集活動に繋げるとともに、新入生が求める教育内等を調査することで、学校運営やカリキュラムの改善に活用します。
  4. 各科目のシラバスに記載された到達目標の達成を確認するため、定期試験、技術検定、小テスト、レポート課題等で評価し、科目履修認定に活用します。
  5. 校外実習において、実習先指導者からの評価を、科目履修認定に活用します。
    (製菓技術科、製菓技術科夜間部を除く)
  6. カフェ実践において、お客様アンケートを実施し、カフェ運営で活用します。
  7. 製菓衛生師試験模擬試験の実施により、個々の理解度を確認し、製菓衛生師試験合格に向けたサポートに活用します。
  8. 製菓衛生師試験合格率、サービス接遇検定試験合格率、履修科目取得率により、教育レベルを評価し、教育課程の改善に活用します。
  9. 進路決定率、専門職就職率、希望就職率、就職・進学希望者率により、進路状況を評価し、進路サポートの改善に活用します。
  10. 各科目において授業評価アンケートを実施し、満足度の高い授業が実施されていたか評価し、授業の改善に活用します。
  11. 進級時および卒業時にアンケートを実施し、教育・カリキュラム、就職サポート、学園生活に対する満足度を評価し、学校、学科運営の改善に活用します。
  12. 卒業生及び事業所にアンケートを実施し、卒業生の活躍状況を評価し、教育課程の改善に活用します。
  13. 自己評価、学校関係者評価を実施し、学校、学科運営の改善に活用します。

パン上級科アセスメント・ポリシー

本学科では、学修成果の評価に関する方針を、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに基づき、機関(学校)レベル、教育課程(学科)レベル、科目(授業)レベルにおいて以下のとおり定めます。

  1. 機関(学校)レベル
    進路決定率、専門職就職率、卒業時満足度アンケート、進級時満足度アンケート、新入生アンケート、事業所アンケート、卒業生アンケート、学校関係者評価等から、学修成果達成状況を測定します。
  2. 教育課程(学科)レベル
    製菓衛生師試験合格率、製菓衛生師試験対策模擬試験得点率、履修科目修得状況、授業評価アンケート、プレイスメントチェック等から、学修成果達成状況を測定します。
  3. 科目(授業)レベル
    シラバスで提示した「成績評価」に基づき、「到達目標」に掲げる知識、能力が身についているか、学修成果達成状況を測定します。
    なお、成績評価は次の基準に基づき判定します。
    A:80点以上、 B:70点~79点、 C:60点~69点、
    N:科目履修認定(資格取得等で科目履修が認定される科目)

検証方法(アセスメントチェック)

以下の方法で検証します。

  1. 各種入学選考においてアドミッション・ポリシーの要件を満たしているか確認し、審査に活用します。
  2. 入学時のプレイスメントチェックにおいて、基礎学力のレベルを確認し、基礎学力向上に向けたサポートに活用します。
  3. 入学時の新入生アンケートにおいて、本校への進学理由等を確認し、効果的な学生募集活動に繋げるとともに、新入生が求める教育内等を調査することで、学校運営やカリキュラムの改善に活用します。
  4. 各科目のシラバスに記載された到達目標の達成を確認するため、定期試験、技術検定、小テスト、レポート課題等で評価し、科目履修認定に活用します。
  5. 校外実習において、実習先指導者からの評価を、科目履修認定に活用します。
  6. ベーカリーショップ実践において、お客様アンケートを実施し、ショップ運営で活用します。
  7. 製菓衛生師試験模擬試験の実施により、個々の理解度を確認し、製菓衛生師試験合格に向けたサポートに活用します。
  8. 製菓衛生師試験合格率、履修科目取得率により、教育レベルを評価し、教育課程の改善に活用します。
  9. 進路決定率、専門職就職率、希望就職率、就職・進学希望者率により、進路状況を評価し、進路サポートの改善に活用します。
  10. 各科目において授業評価アンケートを実施し、満足度の高い授業が実施されていたか評価し、授業の改善に活用します。
  11. 進級時および卒業時にアンケートを実施し、教育・カリキュラム、就職サポート、学園生活に対する満足度を評価し、学校、学科運営の改善に活用します。
  12. 卒業生及び事業所にアンケートを実施し、卒業生の活躍状況を評価し、教育課程の改善に活用します。
  13. 自己評価、学校関係者評価を実施し、学校、学科運営の改善に活用します。

和菓子上級科アセスメント・ポリシー

本学科では、学修成果の評価に関する方針を、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに基づき、機関(学校)レベル、教育課程(学科)レベル、科目(授業)レベルにおいて以下のとおり定めます。

  1. 機関(学校)レベル
    進路決定率、専門職就職率、卒業時満足度アンケート、進級時満足度アンケート、新入生アンケート、事業所アンケート、卒業生アンケート、学校関係者評価等から、学修成果達成状況を測定します。
  2. 教育課程(学科)レベル
    製菓衛生師試験合格率、製菓衛生師試験対策模擬試験得点率、履修科目修得状況、授業評価アンケート、プレイスメントチェック等から、学修成果達成状況を測定します。
  3. 科目(授業)レベル
    シラバスで提示した「成績評価」に基づき、「到達目標」に掲げる知識、能力が身についているか、学修成果達成状況を測定します。
    なお、成績評価は次の基準に基づき判定します。
    A:80点以上、 B:70点~79点、 C:60点~69点、
    N:科目履修認定(資格取得等で科目履修が認定される科目)

検証方法(アセスメントチェック)

以下の方法で検証します。

  1. 各種入学選考においてアドミッション・ポリシーの要件を満たしているか確認し、審査に活用します。
  2. 入学時のプレイスメントチェックにおいて、基礎学力のレベルを確認し、基礎学力向上に向けたサポートに活用します。
  3. 入学時の新入生アンケートにおいて、本校への進学理由等を確認し、効果的な学生募集活動に繋げるとともに、新入生が求める教育内等を調査することで、学校運営やカリキュラムの改善に活用します。
  4. 各科目のシラバスに記載された到達目標の達成を確認するため、定期試験、技術検定、小テスト、レポート課題等で評価し、科目履修認定に活用します。
  5. 校外実習において、実習先指導者からの評価を、科目履修認定に活用します。
    (製菓技術科、製菓技術科夜間部を除く)
  6. 和菓子処実践において、お客様アンケートを実施し、ショップ運営で活用します。
  7. 製菓衛生師試験模擬試験の実施により、個々の理解度を確認し、製菓衛生師試験合格に向けたサポートに活用します。
  8. 製菓衛生師試験合格率、履修科目取得率により、教育レベルを評価し、教育課程の改善に活用します。
  9. 進路決定率、専門職就職率、希望就職率、就職・進学希望者率により、進路状況を評価し、進路サポートの改善に活用します。
  10. 各科目において授業評価アンケートを実施し、満足度の高い授業が実施されていたか評価し、授業の改善に活用します。
  11. 進級時および卒業時にアンケートを実施し、教育・カリキュラム、就職サポート、学園生活に対する満足度を評価し、学校、学科運営の改善に活用します。
  12. 卒業生及び事業所にアンケートを実施し、卒業生の活躍状況を評価し、教育課程の改善に活用します。
  13. 自己評価、学校関係者評価を実施し、学校、学科運営の改善に活用します。

製菓技術科アセスメント・ポリシー

本学科では、学修成果の評価に関する方針を、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに基づき、機関(学校)レベル、教育課程(学科)レベル、科目(授業)レベルにおいて以下のとおり定めます。

  1. 機関(学校)レベル
    進路決定率、専門職就職率、卒業時満足度アンケート、進級時満足度アンケート、新入生アンケート、事業所アンケート、卒業生アンケート、学校関係者評価等から、学修成果達成状況を測定します。
  2. 教育課程(学科)レベル
    製菓衛生師試験合格率、製菓衛生師試験対策模擬試験得点率、履修科目修得状況、授業評価アンケート、プレイスメントチェック等から、学修成果達成状況を測定します。
  3. 科目(授業)レベル
    シラバスで提示した「成績評価」に基づき、「到達目標」に掲げる知識、能力が身についているか、学修成果達成状況を測定します。
    なお、成績評価は次の基準に基づき判定します。
    A:80点以上、 B:70点~79点、 C:60点~69点、
    N:科目履修認定(資格取得等で科目履修が認定される科目)

検証方法(アセスメントチェック)

以下の方法で検証します。

  1. 各種入学選考においてアドミッション・ポリシーの要件を満たしているか確認し、審査に活用します。
  2. 入学時のプレイスメントチェックにおいて、基礎学力のレベルを確認し、基礎学力向上に向けたサポートに活用します。
  3. 入学時の新入生アンケートにおいて、本校への進学理由等を確認し、効果的な学生募集活動に繋げるとともに、新入生が求める教育内等を調査することで、学校運営やカリキュラムの改善に活用します。
  4. 各科目のシラバスに記載された到達目標の達成を確認するため、定期試験、技術検定、小テスト、レポート課題等で評価し、科目履修認定に活用します。
  5. 製菓衛生師試験模擬試験の実施により、個々の理解度を確認し、製菓衛生師試験合格に向けたサポートに活用します。
  6. 製菓衛生師試験合格率、成績分布、履修科目取得率により、教育レベルを評価し、教育課程の改善に活用します。
  7. 進路決定率、専門職就職率、希望就職率、就職・進学希望者率により、進路状況を評価し、進路サポートの改善に活用します。
  8. 各科目において授業評価アンケートを実施し、満足度の高い授業が実施されていたか評価し、授業の改善に活用します。
  9. 卒業時にアンケートを実施し、教育・カリキュラム、就職サポート、学園生活に対する満足度を評価し、学校、学科運営の改善に活用します。
  10. 卒業生及び事業所にアンケートを実施し、卒業生の活躍状況を評価し、教育課程の改善に活用します。
  11. 自己評価、学校関係者評価を実施し、学校、学科運営の改善に活用します。

製菓技術科夜間部アセスメント・ポリシー

本学科では、学修成果の評価に関する方針を、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに基づき、機関(学校)レベル、教育課程(学科)レベル、科目(授業)レベルにおいて以下のとおり定めます。

  1. 機関(学校)レベル
    進路決定率、専門職就職率、卒業時満足度アンケート、進級時満足度アンケート、新入生アンケート、事業所アンケート、卒業生アンケート、学校関係者評価等から、学修成果達成状況を測定します。
  2. 教育課程(学科)レベル
    製菓衛生師試験合格率、製菓衛生師試験対策模擬試験得点率、履修科目修得状況、授業評価アンケート、プレイスメントチェック等から、学修成果達成状況を測定します。
  3. 科目(授業)レベル
    シラバスで提示した「成績評価」に基づき、「到達目標」に掲げる知識、能力が身についているか、学修成果達成状況を測定します。
    なお、成績評価は次の基準に基づき判定します。
    A:80点以上、 B:70点~79点、 C:60点~69点、
    N:科目履修認定(資格取得等で科目履修が認定される科目)

検証方法(アセスメントチェック)

以下の方法で検証します。

  1. 各種入学選考においてアドミッション・ポリシーの要件を満たしているか確認し、審査に活用します。
  2. 入学時のプレイスメントチェックにおいて、基礎学力のレベルを確認し、基礎学力向上に向けたサポートに活用します。
  3. 入学時の新入生アンケートにおいて、本校への進学理由等を確認し、効果的な学生募集活動に繋げるとともに、新入生が求める教育内等を調査することで、学校運営やカリキュラムの改善に活用します。
  4. 各科目のシラバスに記載された到達目標の達成を確認するため、定期試験、技術検定、小テスト、レポート課題等で評価し、科目履修認定に活用します。
  5. 製菓衛生師試験模擬試験の実施により、個々の理解度を確認し、製菓衛生師試験合格に向けたサポートに活用します。
  6. 製菓衛生師試験合格率、成績分布、履修科目取得率により、教育レベルを評価し、教育課程の改善に活用します。
  7. 進路決定率、専門職就職率、希望就職率、就職・進学希望者率により、進路状況を評価し、進路サポートの改善に活用します。
  8. 各科目において授業評価アンケートを実施し、満足度の高い授業が実施されていたか評価し、授業の改善に活用します。
  9. 卒業時にアンケートを実施し、教育・カリキュラム、就職サポート、学園生活に対する満足度を評価し、学校、学科運営の改善に活用します。
  10. 卒業生及び事業所にアンケートを実施し、卒業生の活躍状況を評価し、教育課程の改善に活用します。
  11. 自己評価、学校関係者評価を実施し、学校、学科運営の改善に活用します。

なお、成績順位づけは学科ごとに、入学後すべての受験科目の平均点により行う。